七福神の中で、日本の神は恵比寿だけ?「福生七福神」へ巡拝

fussashichifukujin-1_20160611

元旦から七草までの7日間に七福神を巡拝して長寿と家内繁栄を祈願する「七福神めぐり」は、すでに室町時代末期から行われており江戸時代に大いに流行した。

この七福神のうち日本の神は恵比寿だけで、大黒天・毘沙門天・弁財天はインドの神、布袋・福禄寿・寿老人は中国の神様と神道、仏教、道教の神仏からなる国際的な寄り合い所帯だ。

熊川神社では福生七福神と呼ばれる、境内に七福神全部が揃っている「1社七福神」がある。平安時代初めに弁天が、室町時代に大黒が祀られ昭和に入って5体が加わった。本殿内の七福神は開帳しないが境内に石像が祀られている。熊川神社は桃山時代の木造建築で都の有形文化財に指定されている。


熊川神社と大黒天

熊川神社と大黒天

頭巾を被り右手に小槌を左手には背負ったの口を握り締め米俵の上に立っている。読音や形像の類似から大国主命と同一視されているが、本来は古代インドの福徳の神。

福生の地名由来

地名の由来については諸説がある。有力な説としては、麻の生える地(麻のことをフサという)という説、阜沙(阜とは陸丘、沙とは細かい砂のある川岸)を意味とするという説、アイヌ語(湖口をフチ、岸ほとりをチヤ、湧水をブッセ)からとする説等がある。何れにしても音が先行し、後に福生という縁起の良い字を当てたものと考えられる。 (福生町誌より)

毘沙門天

毘沙門天
古代インドに伝わる仏教の守護神で武の神、甲冑を着け、左手に宝塔、右手に宝棒を持っている。

寿老人

寿老人
長命の神で、古代中国で南極老人星と言われる寿命を司る星の化身と言われている。老人の姿で髭多く頭巾を被り、人間の寿命を記した巻物を結びつけた杖を持ち、2000年の長寿を経たという黒鹿を連れている。

弁財天

弁財天
音楽、弁才、財福、知恵の神とされ七福神唯一の女神で娑婆の世界を主宰する梵天王の后とされている。

恵比寿

恵比寿
右手に釣竿、左わきに鯛をかかえているお馴染みの神様、本来漁村で福のとして信仰されていたもの農家商家でも商売繁盛の神して祀られるようになった。

福禄寿

福禄寿
寿老人と同じ南極星の化身と言われる長寿の神で、経巻を結びつけた杖を持ち、長光頭で多くは鶴を従えている。町時代に寿老人とは違った画像、彫刻像で偶像化されたもの。

布袋

布袋
古代中国の梁の時代、八徳を持ち弥勒菩薩の化身と尊ばれた定応大師を神格化したもので大きな腹と笑顔が江戸庶民に親しまれ子授、安産の神とされてる。

基本情報

日程: 1月7日
アクセス: 京浜急行 雑色駅・六郷土手駅
場所: 六郷神社(大田区東六郷3-10-18)
連絡先: 03-3731-2889
http://www.rokugo.or.jp/annai/yabusame-about.html

この記事が気に入ったらシェア