買い物もお寺も絶景も!多彩な視点で楽しむ鎌倉のおすすめ

報国寺

鎌倉にはたくさんの見どころがあり、いつも見物客で賑わいを見せています。定番のお買い物から、ユニークな言い伝えがあるお寺、美しい絶景を楽しめるお寺など、視点を変えることで色々な表情を楽しむことができます。今回は多角的な視点からおすすめのスポットをピックアップしてご紹介していきます。


竹林が見事な報国寺

報国寺は別名「竹の庭」と言い、竹林が見事なお寺です。まるで京都の嵐山のように竹がずらりと並び、清涼感溢れる光景を織り成しています。竹林の中を歩けば、凛とした気持ちになり、竹の不思議なパワーに心が癒されます。太陽の光加減、季節、時間帯によって、キラキラと輝く竹、雨が降れば情緒溢れる竹というように、訪れる度に異なる表情で楽しませてくれます。

報国寺は、足利家時もしくは上杉重兼が開基であるという二つの説があり、足利持氏の子義久が自刃した寺としても知られています。竹林が有名ですが、立派な本堂、枯山水庭園、足利一族のお墓など、他にも見どころが満載。

また報国寺を訪れたら、是非楽しみたいのが竹林を楽しみながらいただく抹茶。目の前に広がる光景を堪能しながら、ゆっくりと休憩をすることができます。また日曜日限定で朝8時~10時半まで座禅会も開催しています。

アクセス: 鎌倉駅から京浜急行バス約12分、浄明寺バス停下車徒歩3分。
拝観料: 200円、抹茶(干菓子付)500円
公式サイト: http://www.houkokuji.or.jp/

お金が増える!?金運アップにお勧めの銭洗弁財天

銭洗弁財天

By: Mamiko

銭洗弁財天は境内の銭洗水で銭を洗うと、お金が何倍にも増えると言われるユニークな言い伝えを持つ神社です。

これはもともと源頼朝が巳年の1185年、巳の月、巳の日の夜に、夢の中で「湧き水で神仏を供養すれば、天下泰平に治まる」というお告げを受けたことがその始まりです。頼朝はその泉を探して神を祀ると、無事に平穏な時代が訪れたと言われています。

そしていつからか、ここの水でお金を清めると数倍に増えるという言い伝えが広まり、金運・財運アップのスポットとして人気を集めています。洞窟の湧き水には、ひしゃくとザルが用意されているので、ザルにお金を入れてよく洗い清めます。洗ったお金はタオルなどで拭いて財布にしまい、使うことが大切です。

お金は使わないと入ってこないと言われますが、まさにその法則はここにもあるようです。

アクセス: 鎌倉駅から徒歩20分
拝観料: 無料
http://www.kamakura-maps.com/articles/memo-k1k1-48-zeniaraibenzaiten.html

食べ歩き!買い物!お土産探し!賑やかな小町通り

鶴岡八幡宮までの道のりの途中にある小町通りは、食べ歩き、買い物、お土産探しを楽しめる賑やかな通りです。名物しらす丼や手焼きせんべいの名店、カフェ、甘味処、雑貨店などがずらりと並び、あちらこちらから食欲をそそる香りが漂ってきます。

中には、骨董品、彫刻、ステンドグラス、お香などを取り扱うこだわりのお店もあり、職人の話を聞きながら買い物を楽しめることも、魅力の一つです。

アクセス: 鎌倉駅から徒歩3分
公式サイト: http://www.kamakura-komachi.com/

古都のシンボル!高さ約13メートルの巨大な長谷の大仏

長谷の大仏(高徳院)は、誰がどのような目的で造ったのか解明されていない部分も多く、謎の多いお寺です。

1243年に建立された当初は、木造でしたが、台風によって破壊されてしまい1252年に青銅製の大仏として再建されています。その完成時期は不明ですが、当時は立派な大仏殿があり、その中に大仏は安置されていました。

しかしのちの地震によって大仏殿は崩壊してしまい、大仏だけが残され今に至っています。台座を含む総高は13.35メートルに及び、堂々たる姿はまさに古都のシンボル。

また訪れたら楽しみたいのが胎内拝観で、当時の鍛造技術を内部から知ることができる貴重なスポットとなっています。

アクセス: 江ノ島電鉄長谷駅から徒歩10分
拝観料: 200円(胎内拝見は別途20円)
公式サイト: http://www.kotoku-in.jp/

「かながわの景勝50選」に指定されている穴場なビュースポット・十王岩

十王岩は「かながわの景勝50選」に指定されている、美しい景色を一望できるビュースポット。天国ハイキングコースの途中に位置しています。展望台からは、鶴岡八幡宮と由比ヶ浜ビーチに延びる若宮大路を見ることができ、さらにその先には美しい相模湾が広がっています。

夕暮れ時は、一層優雅な風景を楽しむことができ、一日の終わりをエレガントな気持ちで迎えることができます。近くには岩の中に佇む閻魔大王、地蔵菩薩、観音菩薩の3体の古めかしい仏像が立ち並び、一つの拝観スポットにもなっています。

まさにここは古都を一望できる穴場スポットといえるでしょう。

アクセス: 北鎌倉駅から徒歩50分
http://heiwa-ga-ichiban.jp/kanagawa50/photo/kana48.html

古都の町は歴史、自然、グルメ、買い物など、バライティ豊かな観光を楽しむことができるエリアです。色々なエレメンツを取り入れれば、学びや発見、感動もより増えて、思い出も一層奥深いものとなることでしょう。
この記事が気に入ったらシェア