【混浴特集】開放感いっぱい!混浴がある関東の温泉スポット

汪泉閣

今回は、関東で楽しめるおすすめの混浴スポットをまとめてみました。混浴はちょっと勇気がいるので、なかなか足を運びにくいという人もいることでしょう。しかし、実際に足を運んだ人の声を聞いてみると、「思ったよりも楽しかった!」という声も聞こえてきます。

マスコミなどで取り上げられる人気スポットから、地元の人が通うマイナーなスポットまで、幅広くご案内していきます。混浴の魅力といえば、追加代金のある貸切風呂よりもリーズナブルに気軽に楽しめ、温泉デートや家族旅行にも最適です。

また混浴だけの共同浴場もあれば、混浴専用風呂、時間帯によって混浴としているところなど、そのスタイルも様々です。また大型の温泉施設であれば、一部は混浴としているところもあるので、混浴以外にも、様々な種類のお風呂を楽しむこともできます。そこで今回は、関東のおすすめ混浴温泉の雰囲気、泉質、料金、アクセス情報などともに、それぞれの魅力をご案内していきます。


関東随一の混浴露天風呂が自慢「宝川温泉 汪泉閣」(群馬県)

延べ470畳分に及ぶ広大な露天風呂なので、開放感抜群。カップルのデートや温泉旅行にもおすすめ。自然に囲まれた渓流沿いにあるので、川のせせらぎを聞きながらゆっくりとした時間を過ごせる。

アクセス: 関越自動車道水上ICから車で約30分

那須の奥地にある秘湯「大丸温泉旅館」(栃木県)

5つある露天風呂のうち「あじさいの湯」のみが混浴。周囲は自然豊かな緑に囲まれた一 軒宿なので、都会の喧騒を忘れてのんびり過ごしたい人におすすめ。

アクセス: 東北自動車道・那須ICから車で約30分

平家料理が自慢!「湯西川別館」(栃木県)

平家の落人が隠れ住んだと伝えられ、クラシカルな雰囲気が漂う。混浴露天風呂「壮健の湯」は10人以上入ることができる、ゆったりとしたスペース。自然に囲まれ四季の移ろいを鑑賞できる。混浴風呂だけでなく、その他女性専用風呂や貸切風呂も完備。

アクセス: 日光宇都宮有料道路・今市ICから約20分
http://yunotoki.com/

100%源泉掛け流しがうれしい「湖城閣」(群馬県)

この混浴風呂は猿ヶ京温泉にあり、赤谷湖を一望できるロケーション。源泉100%掛け流しで24時間利用可能。7種類の変わり露天風呂があるので、いろいろな趣を楽しめる!

アクセス: 関越自動車道・月夜野ICから車で約20分

関東エリアで人気の混浴施設「川治温泉 薬師の湯」(栃木県)

男湯・女湯・混浴の3つの岩風呂があり、混浴露天風呂は男鹿川目の前の開放感抜群のロケーション。大人500円、小人300円とリーズナブルな料金も嬉しい。

アクセス: 野岩鉄道川治湯元駅下車、徒歩15分
http://www.nikko-kankou.org/spot/55/

日帰り温泉・宿泊も可能「湯河原温泉・伊豆屋旅館」(神奈川県)

自家源泉を持ち湯量がとにかく豊富。四季折々の風景を楽しめる大露天風呂(混浴)は、 野趣あふれる雰囲気。大正時代の建物とも見事にマッチしており、懐かしさが漂う。日帰り利用料は1,000円。

アクセス: 湯河原駅からタクシーで約10分
http://www.izu.co.jp/~tortoise/

女性専用タイムのある混浴「箱根湯本温泉・湯さか荘」(神奈川県)

五葉松と巨石が配された日本庭園を楽しめる混浴。20時~21時までは女性専用時間となるので安心感もある。全部で4種類のお風呂があることも魅力的。

アクセス: 小田原厚木道路・箱根口ICから約3分

関東の人気の混浴施設「塩原温泉 明賀屋本館」(栃木県)

マスコミなどでたびたび取り上げられる人気の混浴施設。5つの源泉をもち、自然湧出の源泉かけ流しで2色のにごり湯を楽しめる。お風呂は10種類あり、その一つ混浴の「川岸 露天風呂」は、約300年以上湧きつづける名湯。

アクセス: 東北自動車道・西那須野塩原ICから約25分

関東で混浴を楽しめる温泉スポットは全体的にやや少ないので、名湯とよばれる温泉は混雑が予想されます。時間帯や曜日を選んでアクセスすれば、よりゆっくりと楽しむことができるでしょう。
この記事が気に入ったらシェア