【東京】2016年6月は初夏のお祭りイベントが満載です!

小石川後楽園

初夏の東京には日本三大祭りや、あじさいや花菖蒲など初夏のイベントが満載です。そこで今回は中でもおすすめの、6月の東京のイベントを10つピックアップしてみました。定番から穴場まで、幅広くご案内していきます。


鳥越神社の「鳥越の夜祭」

鳥越神社の神輿は都内随一の重さがあり、千貫神輿と呼ばれている。御神輿の列の先頭には、猿田彦や子どもの持つ五色の旗が靡き、夕刻になると提灯に火が灯り、とても幻想的な風景を見ることができる。

アクセス: 蔵前駅から徒歩6分、新御徒町駅から徒歩8分、浅草橋駅から徒歩8分
日時: 6月11日(土)、12日(日)
http://www.city.taito.lg.jp/index/event/kanko/torikoematsuri.html

江戸三大祭りの一つ「山王まつり」

江戸三大祭り、日本三大祭りの一つと言われるとても盛大なお祭り。太鼓、踊り、夜店でにぎわう「納涼大会」、延命長寿と無病息災を願う「茅の輪くぐり」、子どもが主役の「稚児行列」が行われる。2016年には隔年に行われる神幸祭が開催され、約300メートルにわたって祭礼行列が練り歩く。

アクセス: 赤坂駅から徒歩3分、溜池山王駅から徒歩3分
日時: 6月7日(火)~17日(金)
http://www.tenkamatsuri.jp/

渋谷の街が大賑わい!「第19回渋谷・鹿児島おはら祭」

道玄坂・文化村通りが会場となり、「おはら節」、「渋谷音頭」、「ハンヤ節」の曲に合わせて、11時50分~15時10分の間、60余連、2400人以上による華やかなパレードが行われる。6月11日(土)と12日(日)の2日間は、渋谷ハチ公前で渋谷・鹿児島の観光案内があるほか、東急百貨店本店の正面口前でさつまの物産展が行われる。

アクセス: 渋谷駅すぐ
日時: 6月12日(日)
http://www.shibuyadeohara.jp/

ボストン美術館のコレクションを楽しめる!「Bunkamuraザ・ミュージアム」

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」というテーマで、歌川国芳と歌川国貞の浮世絵の作品14000点から選りすぐりのものが展示される。入館料は一般1500円、高校生1000円、中小生700円。

アクセス: 渋谷駅から徒歩7分
日時: 3月19日(土)~6月5日(日)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kuniyoshi.html

花菖蒲を楽しむ!「小石川後楽園」

江戸時代初期の徳川光圀の時代に完成した庭園。特に6月の花菖蒲の名所として知られて約660株が一面に咲き誇る。琵琶湖を表現した「大泉水」や、池の水面に映る様子が満月のように見えることから「円月橋」とよばれる橋など、広々とした回遊式築山泉水庭園は見応えたっぷり。

アクセス: 飯田橋駅から徒歩3分
日時: 6月4日(土)~19日(土)
http://www.tokyo-park.or.jp/

初夏のお祭り「としまえんのあじさい祭り」

テーマ別に整備されたあじさい園には、約150品種、10000株の美しいアジサイが咲き乱れるスポット。アジサイが咲く中を走る列車「あじさい号」が人気。造園スタッフによるガイドツアーや写真教室なども開催予定。

アクセス: 豊島園駅から徒歩1分
日時: 5月28日(土)~6月30日(木)
http://www.toshimaen.co.jp/index.html

愛宕神社の「ほおずき市」

愛宕山は標高26メートルで、東京23区内ではもっとも高い山で、このほおずき市は毎年6月23、24日に行われる伝統行事。古来から境内で自生したほおずきを飲めば病に効くと信じられていた。ほおずき市といえば浅草が有名であるが、もともとはここ愛宕神社が発祥。

日時: 6月23日(木)、24日(金)
アクセス: 神谷町駅から徒歩5分、虎ノ門駅から徒歩8分、新橋駅から徒歩15分
http://www.atago-jinja.com/

郷土の森博物館の「郷土の森あじさいまつり」

境内には約1万株のあじさいが咲き乱れ、昔ながらの民家と相まった風情溢れる光景を楽しむことができる。大人200円、中学生以下100円、3歳以下無料。

日時: 5月下旬~7月上旬
アクセス: 府中本町駅から徒歩20分、分倍河原駅から徒歩20分、是政駅から徒歩20分
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/ibento/kurashi/ajisaimeguri.html

ほたるに出会える!「第51回福生ほたる祭り」

約500匹のほたるを鑑賞しながら、ステージイベントや模擬店などが並ぶ夏の風物詩。会場はほたる公園及び玉川上水青梅橋付近。

日時: 6月下旬
アクセス: 牛浜駅から徒歩10分、熊川駅から徒歩7分
http://www.fussakanko.jp/index.htm

都会の中心部で楽しめる!「第23回 郡山おどりin青山」

秩父宮ラグビー場駐車場にて開催され、郡上おどりや物産店など岐阜の伝統と文化を東京で楽しむことができる。都会の中心部で開催され、周辺には飲食店も多い。

アクセス: 外苑前駅から徒歩3分
日時: 6月24日(金)、25日(土)
http://www.aoyama-gaienmae.or.jp/index.html

東京で開催されるイベントはアクセスしやすいことは魅力的ですが、駐車場が少ないことも多いので、公共交通機関の利用がおすすめです。東京の郊外に足を運んでみれば、アジサイや花菖蒲などのイベントも多いので、初夏の魅力を存分に堪能できることでしょう。
この記事が気に入ったらシェア