浅草流鏑馬

浅草流鏑馬は、江戸時代に浅草神社の正月行事として行われていたものを、観光行事として昭和58年に復活させたもの。隅田公園に400メートルの馬場を作り方板を串に挟んで三ヶ所に立て一人各々三的を射る。狩装束姿の武士が馬に乗って的を射る姿は勇壮で、当時の錦絵を見るようだ。平成2年5月、この行事が東京・パリ友好都市交流事業の一環としてパリで行われパリ市民の喝采を浴びた。馬場に沿って作られた観客席はもとより隅田川遊歩道も満員でとくに外人の観客が目につく。

スポンサーリンク

見事成功!的が落ち、射た矢が空色の板の所にはねかえっている。的は三ヶ所あり疾走する馬上から次々に鏑矢を射る姿は勇壮そのものだ。写真は二の矢。
 
射的後退場  馬場に沿って作られた観客席はもとより隅田川遊歩道も満員。この流鏑馬は鎌倉の流鏑馬同様、小笠原流弓馬術礼法教場の人達によって

行われている。
 
花川戸の地名  隅田川の対岸(向島)に桜の木がたくさん植えてあり、その対岸の入り口ということでこの名がついたといわれる。

スポンサーリンク

江東区の地名  上野の高台を表す「台」と、その東側に広がる下谷と浅草の下町とをイメージさせるということで、康煕字典から見つけた熟語をそのまま区名とした。
 
4月中旬の土曜日   隅田公園(03-5246-1151台東区観光課)
(台東区花川戸・浅草、地下鉄銀座線、東武伊勢崎線・浅草)

スポンサーリンク

国内旅行の予約には断然
楽天プレミアムカードがお得です!

楽天プレミアムカード

  • 楽天市場のお買い物ポイントが最大5倍
  • 楽天トラベルでの予約にポイントが使える
  • 国内旅行でも手厚い傷害保険で安心!
  • プライオリティ・パスで空港ラウンジが無料
  • 新規入会&1回利用で最大13,000ポイント
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ