お祭り

初鬼子母神

鬼子母神の縁日は毎月8の日で、江戸っ子は鬼子母神の縁日に参詣することを「鬼子母神詣で」といって楽しみにしていた。とくに正月最初の縁日は初鬼子母神で大続きを読む

初金毘羅

金毘羅宮の縁日は毎月10日だ。これは万冶3年(1660)丸亀藩主京極高和が讃岐金刀比羅大神を江戸屋敷に勧請し、市民の要請に応えて毎月10日に続きを読む

初庚申帝釈詣

寅さんのお陰ですっかり有名になった柴又帝釈天、正式には経栄山題経寺という日蓮宗のお寺だ。縁日は60日に1度回ってくる庚申の日で、日蓮上人が刻んだ板本続きを読む

神田明神、湯島天神の「初詣」

次第に少なくなってゆく正月のしきたりのなかで、初詣だけはますます盛んである。それも近くの氏神でなしに電車に乗って有名神社やお寺にお参りする傾向が近年続きを読む

明治神宮、浅草寺の「初詣」

正月は新年を迎えるという気持ちから「歳神(としがみ)」というものが考えられ、神棚や門松などを設けて歳神を祀る神事的要素が強い。江戸時代その年続きを読む

スポンサーリンク