だるま供養

西新井大師で節分の日の午前、「だるま供養」が行われる。1年間、神棚に座って家内安全を守り続け、おつとめを果たした去年のだるま、願いが叶って両目が入った張子のだるまなど、十数万個を集めて「お焚き上げ」を行うものだ。西新井大師は約1100年前、弘法大師がこの土地に流行った疫病を、祈祷によってしずめたことから、村人が大師の作った十一面観音を本尊として祀ったのがはじまりと伝えられる。過去何回も火災に遭ったが、その都度、本尊は難をまぬかれたことから、開運厄除けの霊場として、縁日には関東一円からの参詣人で賑わう。節分の豆まきは、午後から本堂前の仮設舞台で行われる。

スポンサーリンク

点火され燃え上がるだるま  山伏のほら貝がひびき、読経のうちに火がつけられると、みるみるうちに燃え広がり、境内の広場いっぱい、煙と炎で包まれる。万一に備え、消防署が周りを囲った金属板などに絶えず水をかけている。
 

スポンサーリンク

足立の地名  その昔、海辺に接していた低湿地帯の一部で、 湿原や荒地だったと推定されており、足立という地名の 由来は、あたりに葦がたくさん生えていたので、「葦立ち」 といったのが、「足立」になったという。

 
西新井の由来  弘法大師が悪病の蔓延に苦しむ村人たちを救おうと十一面観世音像を彫って地中に埋め21日間祈願したところたちまち悪疫が退散した。後に大師の徳を慕う村人が大師堂を立てて観音像をお祀りしようと掘り出したところ、その穴から清水が噴き出し、当時井戸の位置が大師堂の西側に当たったのでこの地が「西新井」と通称され、大師堂は「西新井のお大師様」として広く知れ渡りやがて地名となった。
 
節分の日   西新井大師(℡03-3890-2345)
(足立区西新井1-15-1、東武大師線・大師前)
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ