福生八雲祭り

祭神、素盞雄命(牛頭天王)を祀る京都の八坂神社は、明治の神仏分離の前まで「祇園社」と称し、疫病除けの神として広く信仰を集め各地に勧請されたが、明治維新後、全国の祇園系神社は八坂神社、八雲神社、須賀神社などと改称した。福生の琴平神社付近に祀られていた天王宮も明治期に八雲神社と改称し、福生神明社の隣に境内神社として移されたが、その祭礼は江戸時代から戦前まで天王祭りとして盛大に行われていた。現在では八雲神社の祭礼「八雲祭り」として古い歴史を受け継ぎ、沢山の御輿や山車を繰り出して賑やかに市内を練り歩く福生の代表的な祭りとなっている。

スポンサーリンク

永田町樽神輿の入御
 
福生神明社  明治7年、当時各町会に祀られていた五柱の神々とともに7祭神を合祀した神社で、地域の安らぎを始め治水、産業、学問、衣食住等各方面にわたり功徳の高い神社と言われている。 氏子崇敬者が相寄り相図って巨額の浄財を寄進し各地の粋を集めて、昭和57年秋、近代的で荘厳優雅な社殿を造営した。
 
福生市天王ばやし保存会  天王ばやしは太鼓と明笛(みんてき)で奏でられる。文化元年頃には、旧暦6月15日に天王祭りが行われ御輿は村内持ち回りで担ぎ出されていたようだ。この頃すでに天王ばやしも奏でられているが、珍しいのは明笛の穴の数が6っと変則的なことだ。通常穴は7つ。
 
 
町神輿の入御  正午を廻ると11地区の町神輿と子供神輿がぞくぞくと神明社境内に入御してくる。子供神輿も含めて30基近くになり、大勢の担ぎ手とともに境内は足の踏み場もなくなるほどの賑わいとなる。この祭りで目立つのは子供神輿の数が多く大人の町神輿と一緒に行動することと、永田町の樽神輿だ。この祭りはかって一時中断したが大正の頃、村内に疫病が発生し、それを機に青年会が樽御輿をつくり子供と青年が一緒になった祭りの形式になったという。永田町会の神輿は田村酒造の嘉泉の酒樽で毎年作られるという珍しい神輿だ。
 
武蔵野一町会の神輿、外国人も? 

スポンサーリンク

新奥多摩街道に勢ぞろいした11町会の山車 それぞれの山車は自分の地区の神輿が出てくると連れ立って町内に戻って行く。山車だけ、神輿だけの連合渡御は良く見るが、これだけ多くの山車と神輿が連合して町を練り歩く様子は滅多に見られないものだ。
 
町神輿の出御  神社社前の祭式が終ると、町神輿、子供神輿が次ぎ次に出御してくる。神社鳥居前の新奥多摩街道は交通が遮断され、11町会の山車たちが、自分の町会の神輿を待ち受けている。
 
福生の地名由来  地名の由来については諸説がある。有力な説としては、麻の生える地(麻のことをフサという)という説、阜沙(阜とは陸丘、沙とは細かい砂のある川岸)を意味とするという説、アイヌ語(湖口をフチ、岸ほとりをチヤ、湧水をブッセ)からとする説等がある。何れにしても音が先行し、後に福生という縁起の良い字を当てたものと考えられる。(福生町誌より)
 
7月下旬の土,日曜日   神明社(℡042-551-4899
(福生市福生1081、JR青梅線・福生)

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ