花まつり(潅仏会)

4月8日は釈迦が誕生した日で、各寺院で潅仏会(花まつり)が行われる。花で飾った小堂(花御堂)を作り、水盤に釈尊の誕生仏を安置し、参詣者は小柄杓でその像の頭上に甘茶をそそぎ、また、持ち帰って飲む。釈迦が生まれた時、天から龍がくだって水をそそぎかけ釈迦を洗いきよめたという故事に因む。日本には中国から伝わり、606年(推古天皇14)、元興寺で行われたのを最初とし爾来、恒例の式となり寺院、宮廷、民間の行事として広まった。護国寺では法要に先立ち和大鼓が奉納され、山門から本堂にかけて「花御堂行列が行われ着飾った稚児が後に続く。

スポンサーリンク

 
花御堂の誕生仏に甘茶を注ぐ参詣人  本堂前に設けられた花で飾られた花御堂には釈迦の小さな誕生仏が祀られ参詣人は頭から甘茶をかけて釈迦の誕生を祝う。この花御堂は花祭り法要の時間がが近づくと山門付近に運ばれ白象に乗せられ再び本堂に戻る。
 
山門前に設けられた花御堂の誕生仏に甘茶をかける参詣人
 
  
白象に乗せられた花御堂 行列で本堂に運ばれた花御堂は沢山の色風船に囲まれ華やかだ。
 
階段を上る稚児さんたち  花御堂の釈迦仏の後に従った稚児さんたちはそれぞれの保護者に付き添われながら護国寺の階段を一歩づつ上る。.

スポンサーリンク

花御堂行列

大塚の地名  本来茗荷谷北方の台地の通称で「大きな塚」があったことによるが、その大塚について諸説があり古墳説が有力だが定かでない。寛永6年(1629)にはこの名があった。

 
文京区の地名  昭和22年に、小石川区と本郷区とを合併してできた。東京新聞に新しい区の名前を公募したが適当な名が見つからず、たまたま旧小石川区の職員から募集した中に「文京」という言葉があり区の雰囲気にぴったりということでこの名になった。
 
4月8日の前の日曜日   護国寺(℡03-3941-0764)
(文京区大塚5-40-1、地下鉄有楽町線・護国寺)

スポンサーリンク

USJ×AMEXがついに提携!アメックスカードの驚きの優待サービスとは?





\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ