火渡りの神事

鎮火3神を祀る秋葉神社は、もともとは江戸城内に鎮火の守護神として祀られていた神社だ。江戸の町では度々大火災があり、また、明治初めに東京大火が発生したことを機に東京全体の火防の神にと、現在の秋葉原に移し、さらに、上野から鉄道が延びてきたため現在の台東区に遷座した。毎年11月6日午後4時から、火鎮めの実態を参詣者に知らせるため、火渡りの神事が行われる。拝殿内では祭儀が行われ、その途中、四方に注連縄を巡らせ、木炭を敷き並べて清められた火渡り式場に点火され、拝殿内の祭儀が終ると祭員は火難守護のお札を受けて、裸足で赤々と燃える炭火の上を無病息災と防火を祈りながら渡る。秋は深まり夕刻の闇は肌に冷たい。

スポンサーリンク

秋葉神社 祭神は、鎮火の守護神、火の神、火産霊大神(ホムスビノオオカミ)、水の神、水波能売神(ミズハノメノカミ)、土の神、埴山比売神(ハニヤマヒメノカミ)の3柱。もと江戸城内紅葉山に祀られていたが明治初年、東京府内に火災が頻発し、これに心を痛められた英照皇太后(明治天皇の母君)の意を受け、神田に設けられた火除地(現在の秋葉原駅周辺)に「鎮火社」として遷座奉斎され、東京一円の火災鎮護の祈願所として広く市民の崇敬を受け、「秋葉神社」と呼ばれた。また、この火除地も「秋葉原(あきばはら、あきばっぱら)」と通称されるようになった。明治21年(1888)、鉄道駅設置のために現社地に遷座し、新駅は「秋葉原(あきはばら)」と名づけられた。今や世界的に名高い秋葉原電気街の名称の由来である。
 
松が谷の地名  もとは浅草北松山町、松葉町、入谷町だったがこの地域をすべて合併するとき、松葉町と入谷町とで合併後の町名で紛糾した。もめた挙句、昭和40年に入谷の谷と松葉町の松を取って松が谷という地名を作り出した。
 

スポンサーリンク

点火
闇に映える 
火打ちの儀式
榊を捧げ
氏子が渡る
 
火渡りの儀式 大太鼓を合図に拝殿内では鎮火の祭典が始まる。拝殿前の火渡り斎場は注連縄で張り巡らされ、木炭の上に付け木が小高く積み上げられている。拝殿内式典が半ばになると、白鉢巻、白衣で身を包んだ神職3人により点火され、火は勢い良く燃え上がる。神職2人は斎場の四方から祝詞、火打ちの儀式、御幣によるお祓いなどの清めの儀式を行い、火渡りに備える。やがて、祭典を終えた神職、総代、氏子達が手に手にお札を捧げ裸足になって火を渡って行く。一般参詣者の参加も自由で大勢の人が行列を作って順番を待ち、病難、火難、他諸々の災厄から逃れんと火を渡って行った。
 
11月6日   秋葉神社(℡03-3844-5748
(台東区松が谷3-17-7、地下鉄入谷駅)

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ