糀谷神社祭礼

糀谷神社の祭礼は毎年9月の第1土日曜日で日曜日には台座2尺8(85)、大唐破風軒屋根、胴羽目木彫勾欄造りで 浅草・宮本重義が昭和51年に作った神社神輿が氏子総数約2000戸の町内を渡御する。当日は午前10時半に宮出しして町内を廻り11時頃一旦巡行を止めてトラックで村守稲荷神社まで運び、ここから3社連合渡御に参加する。糀谷祭り式典後、12時半にパレードとして他2社とともに出発し、再び町内を巡行して神社に戻るのは午後4時ころとなる。宵宮の夜遅くまで小神輿が町内を賑やかに廻る。

スポンサーリンク

糀谷神社祭礼  祭神は天照皇大神、豊受姫大神 。糀谷村は西厨子、中厨子、浜竹厨子、東厨子に分かれており古くから住民の崇敬厚く今日に至っている。羽田神社の兼務社だ。西仲神社の通りを少し先に行った左側にある。宮出しは午前10時半、宵宮には夜遅くまで小神輿が回って賑やかだった。
 
糀谷神社宮神輿が町を練る
糀谷祭りで他2社と連合渡御する
 

スポンサーリンク

糀谷神社
大勢の氏子を引き連れて
 
9月第1土・日曜日   糀谷神社(℡03-3741-6045
         大田区西糀谷418(京急羽田線・糀谷)

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ