亡者送り

初観音の正月18日は、1月11日から7日間、天下泰平・五穀豊穣を、昼夜を通し祈願する「温座秘法陀羅尼会」の結願の日、締めくくりに「亡者送り」が行われて悪魔を封じ込め大願成就を万全にする。午後5時、観音堂内に貫首が登壇して結願の儀式に入り、午後6時頃、浅草寺のすべての明かりが一斉に消され境内が真暗闇になると、観音堂内から鬼に扮した2人の男が、松明をかざして本堂の階段を駆け降り大香炉を3周して、宝蔵門まで走りぬけ、本堂西裏の銭塚地蔵堂へ向かう。そこで、先に別の僧が供え物を投げ入れた穴のわきに松明を置き亡者送りの行事は終る。岡山県金山寺から正徳2年(1712)に浅草寺に伝わり今日に及んでいる。

スポンサーリンク

 
赤と青のくまどりをした鬼姿  松明の燃え殻は火除け、厄除けになるとして、集まった信者たちは、地面に叩きつけられた松明の破片を拾おうと鬼の後を追いかける。
 

スポンサーリンク

 
1月18日   浅草寺(℡03-3842-0181
               (台東区浅草2-3-1、東武伊勢崎線、地下鉄銀座線・浅草)

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ