西仲天祖神社祭礼

西仲天祖神社の祭礼は毎年9月の第1土日曜日で日曜日には台座2尺6(77)、儀宝珠を載せた唐破風軒屋根 胴羽目木彫 勾欄造りで浅草・宮本重義が昭和52年に作った神社神輿が氏子総数約300戸の町内を渡御する。当日は午前8時半に宮出しして町内を廻り11時頃一旦巡行を止めてトラックで村守稲荷神社まで運び、ここから3社連合渡御に参加する。糀谷祭り式典後、12時半にパレードとして他2社とともに出発し、再び町内を巡行して神社に戻るのは午後4時ころとなる。両日とも余興、演芸大会などが催される。

スポンサーリンク

西仲天祖神社祭礼   祭神は天照皇大神と豊受姫大神、由緒その他は不明で羽田神社の兼務社となっている。糀谷駅を降りて環八通りとは、反対の北側の商店街を進み四つ角を右折して暫くすると通りに面して左側に西仲天祖神社がある。本殿に並んで、末社のお稲荷様が鎮座している。一帯の道路には、注連縄が飾られ境内には祭り提灯が吊るされているが露天の姿は見えない。留守番の役員達がテントの下に数人いるだけだ。神輿は現在神社の近くを廻っているらしく太鼓やワッショイの声が聞こえたが、糀谷祭りで神輿風景は撮れので、お参りを兼ね神社だけを撮って糀谷神社に廻った。

スポンサーリンク

西仲天祖神社神輿の町内渡御
糀谷祭りで3神社が行う連合渡御
 
西仲天祖神社
町並みには連帯を示す注連縄が張られている
 
9月第1日曜日   西仲天祖神社(℡羽田神社兼務社)
             大田区西糀谷417(京急羽田線・糀谷)
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ