京都・八坂神社の元旦は「をけら詣り(白朮祭)」一年の無病息災を祈願

をけら詣り(白朮祭)は古くは「祇園削掛神事」と呼ばれ、京都の東山にある八坂神社で元旦に行われる冬の風物詩です。

大晦日の15時から「大祓式」、19時から「除夜祭」が斎行された後、宮司たちによって古式のままに火鑽杵(ひきりきね)・火鑽臼(ひきりうす)で鑽(き)り出した御神火(白朮火)が、境内のをけら灯籠に灯されていきます。またそれと同時に参拝者たちの願いが書かれた「をけら木」を、大晦日から元旦の早朝まで焚かれます。

白朮祭は元旦の午前5時に斎行される新年最初の祭典で、をけら灯籠の火を参拝者たちは自宅に持ち帰り、その年の無病息災を祈願します。境内では薬草として重宝されてきた「をけら」を使った「をけら酒」が振る舞われ、一年の幸福を祈願しながらいただきます。


スポンサーリンク

お祭りの由来&見どころ

をけら詣り(白朮祭)の準備として12月28日に「をけら」の火種を起こす儀式である「鑚火式」が執り行われます。前述にあるようにをけら灯籠に灯され、この火は一年中灯されるそうでまさに神秘的な火といえます。

参拝者たちは境内3か所に設けられた「をけら灯籠」の御神火(白朮火)を、竹で作られた火縄(吉兆縄)に移して、消えないように回しながら家に持って帰ります。火縄は夜店で売られているほか、社務所で「火伏せ厄除け」のお守りとしても販売されています。火を持ち帰ることで無病息災を願い、神棚のロウソクに灯したり、正月のお雑煮を作る火種などに使います。残された火種は火伏せのお守りとして台所にお祀りします。

元日午前5時から本殿でをけら詣りの神事が行われ、この時に本殿前において片木(へぎ)に載せられた鉋屑(かんなくず=削り掛け)に点火して疫気邪気を祓い、御本殿正面から境内の石段の地面に投げ落とされます。この鉋屑には生薬の「をけら」が混ぜられており、「をけら」とはキク科の多年草で、その根っこの部分を燃やしていたことに由来しています。焚き上げると強烈な匂いが出るので、その匂いが厄除けや魔除けになると伝えられています。また古来から胃に効果がある薬草として使われており、若芽は胡麻和えなどにして食べられてきました。

スポンサーリンク

開催概要

開催日時 毎年1月1日
所在地 〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625
アクセス 八坂神社
京阪電鉄祇園四条駅から徒歩10分
阪急電鉄河原町駅から徒歩15分
問い合わせ先 075-561-6155

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ