春日神社例大祭

青梅市野上の春日神社は350年以上も前の古い建物をそのまま残している神社で東京都の有形文化財に指定されているが、その例大祭も「俺が町の祭り」続きを読む

御会式

10月12日は約700年前になくなった日蓮上人にお会いできるというお会式の日。幾十もの講中がマトイを振る、いなせな若い衆を先頭に、自慢の万灯続きを読む

お十夜

十日十夜の念仏法要のことを略して十夜或いはお十夜というのだが、昭和10年頃までは玉泉寺は「お十夜の寺」と呼ばれ「鉦はり念仏」の十夜法要を主要続きを読む

奥戸天祖神社例大祭

奥戸天祖神社では幕末嘉永の頃から収穫祭として大しめ縄神事が行われている。宵宮の土曜日、氏子各戸から持ち寄った稲藁を用い、 4間2尺(約7.9続きを読む

大泉北野神社例大祭

練馬名木100選に選ばれている「むくろじ」を境内に持つ、この神社の祭礼は毎年行われる。2009年は3日(土)が宵宮で、神社神輿が午後7時から続きを読む

柴又八幡神社本祭

映画「男は辛いよ」で一躍有名になった柴又だが、平成13年に行われた第5次学術調査で、考古学ボランティアが「あ!寅さんだ!」と声を上げたほど、続きを読む

柴又の獅子舞

休日には、混んでいた電車が殆ど空になるほど、映画「男は辛いよ」で一躍有名になった柴又、帝釈天までの参道両側は俄か食堂も出て観光客で混み合い、続きを読む

祖師谷神明社例大祭

祖師谷神明社の例大祭では毎年ウルトラマン商店街の勇壮な神輿練りが呼び物になっているが、祖師谷大蔵はウルトラマンを生んだ円谷プロ誕生の地ゆえに続きを読む

国領神社祭礼

国領神社の祭礼は本来10月12日だが神輿出御は体育の日前後の日曜日に行われる。日曜日午前7時半、神前で御霊移しが行われ、神輿は旧甲州街道に面続きを読む

久我山稲荷神社例大祭

7月の夏祭りに湯の花神楽が奉納されることで知られる久我山稲荷神社の例大祭は毎年10月1日に近い第1土・日曜日に行われる。土曜日は宵宮で、午前続きを読む

南沢の獅子舞

かつては豊年満作の年に限って氷川神社の秋祭りに奉納されていたので、獅子を作神と呼び、豊年獅子とも呼んでいた。獅子舞の資格は在住の長男のみに限続きを読む

新田神社大祭

初詣には欠かせない破魔矢発祥の神社と言われる新田神社は2008年で650年祭を迎えた。10月4日(土)に木遣、まとい振り、稚児行列、薪能など続きを読む

太子堂八幡神社例大祭

例年10月第2土・日曜日に行われる例大祭は太子堂八幡神社から茶沢通りまでびっしりと露天が並び、茶沢通りも歩行者天国になって神輿が繰り出し、祭続きを読む

薪神楽

武蔵御嶽神社の太々神楽は、江戸中期に、江戸真先稲荷神社から伝えられたという古いものだ。社家34戸の神職の世襲によって伝承され、昭和32年に東続きを読む

田無神社祭礼

駅前通りから旧青梅街道両側に立てられた、赤字に白く「田無神社おまつり」と染め抜かれた幟旗や商店の軒に吊るされた赤白の祭り提灯が5年ぶりにご本続きを読む

誕生八幡神社例大祭

落語「目黒のサンマ」に因み毎年行われる「サンマ祭り」の会場となる誕生八幡神社、八幡神社は全国に数多いが「誕生」と名がつくのはこの神社だけだ。続きを読む