山王まつり

江戸時代、徳川幕府の総鎮守として、祭りの行列を江戸城内に入れることを許された江戸一番の規模を誇った山王祭は、現在なお厳かに「天下祭」の面影を残している。隔年毎の本祭は末社八坂神社の祇園祭に始まり、数々の行事を経て、神幸祭の大行列で最大の見せ場をつくる。2基の鳳輦と1基の宮神輿を中心に、王朝装束を身につけた総勢400人にのぼる氏子役員や神職らが午前8時に神社を出発、午後5時半の還御までの長時間、氏子地域を巡行する。

スポンサーリンク

神幸祭  午前中、かって日枝神社があった元山王、国立劇場での祭典、坂下門での皇居参賀と御神符献上を済ませながら四谷、麹町、九段を廻り、茅場町日枝神社で休憩する。午後は日本橋、銀座、新橋等をり午後5時30分帰還する。
 
行列のしんがりをつとめる花車 藤の花で飾った屋台に乗ったお囃子、木遣りの集団、天狗様たちの先触れで始まった神幸祭の大行列はこの華やかな花車がしんがりをつとめる。
 
周辺氏子神輿の宮入  最終日11時、平河町他周辺の氏子神輿が宮入する。拝殿前には各町の高張り提灯を持った役員が待ち受け当日宮入りした神輿が境内に勢揃いする。揃って手を締めた後、再び町へ繰り出す。
 
裏千家家元による献茶式  最終日10時より拝殿内で家元によるお茶が奉納される。
 
 
永田町の地名  永田氏という武家屋敷がこの町内にあったことに由来する。
日本橋「丸善」前を通過する宮神輿 昔は三基の神輿が江戸城内に渡り、 時の将軍が自ら奉迎したという。

鳳輦と宮神輿を中心にした大行列 明治天皇の東京還御に倣ったという、鳳輦2基と台座3尺(91)大正11年製作の三の宮神輿が中心

スポンサーリンク

囃子、木遣りの集団、天狗様たちに続く先触れ
 
日本橋丸善横を通過する鳳輦 鳳輦とは屋根に金色の鳳凰をつけた輿のことで、二基の鳳連には祭神である「大山咋神(おおやまくひのかみ)」と他三神の名を記した幟がついている。
町神輿の宮入に先導する  各町の役員、木遣り、てこ舞、高張り提灯が先導して階段を登る
 
6月7日~16日   日枝神社(℡03-3581-2471
(千代田区永田町2-10-5、地下鉄銀座線、丸の内線・赤坂見附)

スポンサーリンク

国内旅行の予約には断然
楽天プレミアムカードがお得です!

楽天プレミアムカード

  • 楽天市場のお買い物ポイントが最大5倍
  • 楽天トラベルでの予約にポイントが使える
  • 国内旅行でも手厚い傷害保険で安心!
  • プライオリティ・パスで空港ラウンジが無料
  • 新規入会&1回利用で最大13,000ポイント
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ