七五三

昔は、栄養不足・健康への知識不足・貧困などが原因で、乳幼児が成人するまでの生存率はきわめて低く、7歳までの子供は神の子とされ、7歳になって初めて社会の一員として認められたというほどだ。こういうことから3 歳、5歳、7歳と成長の節目に、近くの氏神に参拝して無事成長したことを祝う行事として定着した。男児を女児よりも早く祝うのは後継者としての意味合いもあるが、女児よりも男児の生存率が低かったためだ。もともとは宮中や公家の行事だったが、これからの将来の幸福と長寿を祈る七五三という目出度い数字を並べて一般的に広く行われるようになったのは江戸時代末期からで、3歳男女の髪置(かみおき)、5歳男子の袴着(はかまぎ)、7歳女子の帯解(おびとき)の儀式に由来し11月中の吉日を選び立派な衣服で着飾って宮参りした。11月15日になったのは、5代将軍徳川網吉が子息「徳松」の祝いを行ったからだ。昔から願い事にご利益あると評判が高い湯島天神には朝早くから着飾った七五三の昇殿参詣者が詰めかけ、折からの菊まつりと重なって境内は大賑わいだ。付き添う家族の顔は幸せ一杯で最近の子供にまつわる不幸な事件とは別世界のよう。

スポンサーリンク

拝殿前の賑わい  湯島天神では、大勢の子供たちと正装した家族が本殿で七五三詣の昇殿参拝を行っている。1度の祈祷は約15分くらいだが、参拝が終ると拝殿前から賑やかに出てくる。拝殿前では家族とともに千歳飴の袋を下げた七五三の子供を中心に家族の記念写真を撮る微笑ましい光景が見られる。
 

スポンサーリンク

『髪置き』3歳男女児の平安時代からの儀式で、強くて黒い髪が伸びるようにと髪が伸びる度に剃っていたのを、3歳になり髪の毛を長く伸ばして唐子まげを結う男女の儀式。
 
『袴着』5歳になった男児がはじめて袴を履く儀式。平安時代には女児も行っていた
『帯解』7歳になった女の子の祝い。帯の代わりの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ儀式。
 
千歳飴(ちとせあめ) 千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。千歳飴は、鶴亀や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている、江戸時代の元禄・宝永の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされている。
 
絵馬に願いを書く 
家族みんなで
 
 
11月15日 この日は、28宿(月の動きによって吉凶を決める)の鬼宿日(最上の吉日)にあたり祝い事に最適と言われ、5代将軍徳川網吉は子息「徳松」の祝いを当日行った由来がある。明治時代になって現代の七五三として定着したが現在では11月15日にこだわらず、その前後の都合のよい日に合わせて行う事が多くなっている。七五三の奇数は中国で縁起のいい数字といわれ奇数は陽数、偶数は陰数といわれている。
 
11月15日   湯島天神社(℡03-3836-0753
(文京区湯島3-30-1、地下鉄千代田線・湯島)

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ