端午の節句(こどもの日)

端午(たんご)の節句は5月5日に、男子の健やかな成長を祝い祈る日本の風習で五節句の一つ、菖蒲の節句とも呼ばれ、国民の祝日「こどもの日」になっている。鎧兜は男子の身体を守るとして武者人形や金太郎を模した五月人形とともに飾り、立身出世を祈願して鯉幟を立てる。この日に粽や柏餅を食べる風習があるが、粽を食べるのは中国戦国時代の楚の愛国詩人屈原に由来し、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として柏餅を食べる。風呂に菖蒲を入れて入浴するのは菖蒲が香りが強く邪気を払うということから行なわれている風習だ。菖蒲は尚武或は勝負に通じ、武家時代には武技や騎射を競ったが、この風習は現在にも受け継がれ各地の寺社でこの日相撲大会や騎射などが行われている。

スポンサーリンク

端午の節句の歴史  端午の節句は、奈良時代から続く古い行事。端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではなかったが、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったという。端午の日は季節の変わり目であり、病気や災厄を避けるための行事がおこなわれていた。厄よけの菖蒲を飾り、皇族や臣下の人たちに蓬(よもぎ)などの薬草を配り、また病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬から弓を射る儀式もおこなわれた。このような宮廷での端午の行事も鎌倉時代の武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきた。しかし、武士のあいだでは尚武の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになった。江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになった。また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝った。このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生祝へと結びつき、やがてこの風習は広く一般の人々にまで広まって行く。はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていった。さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになった。
 
鯉幟  鯉幟が始まったのは文化文政期(1804~29)頃からで、鯉が中国の黄河にある龍門を遡って龍になるという故事から「登竜門」という「男児の成長と出世を願う」言葉になり、鯉は出世魚といわれ鯉にあやかりたいという願いを込めて青空を泳がせる発想に繋がり鯉幟を立てるようになったという。やがて民間にも広まり、日本橋の十軒店には幟市が立つような隆盛を見るようになった。黒の真鯉がお父さん、赤い緋鯉がお母さん、青は子供たち。それ以外では緑色や黄色、オレンジ色、紫色など、女の子や次男、三男の子供などのために各色が使われている。「五色」は、古代中国の「五行説」(ごぎょうせつ)に由来し万物は、木・火・土・金・水の五つの要素で形成されているとの考え方で木は青・火は赤・土は黄・金は白・水は黒を表現している。五色の吹流しは、幼子の無事な成長を願って「魔よけ」の意味で飾られ、カラカラと回る矢車も同様な意味をもっている。
 
菖蒲  菖蒲は昔から薬草として使われてきた。 煎じて飲むと腹痛に効き、虫下しになったり 打ち身の治療にも使われてきた。根は漢方薬として使用され、胃薬、解熱、ひきつけ、創傷などの薬にもなった。五月五日に菖蒲湯をたてて入るのも、湯の後で菖蒲で洗い髪の前髪を結んだり、菖蒲を矢羽のように切って髪に挿す風習も無病息災を願ったものだ。やわらかい葉を頭にまくと、頭が良くなる、腹のまわりにまくと病気をしないなど。 武家社会のときに、菖蒲がもてはやされたのも尚武に通じたからで葉の形が剣に似ているので、子供達が束ねて刀の代用として遊びの道具にも使った。 この日を騎射節、馬射節と呼び、武技を奨めたという史実も残っている。

「菖蒲屋根」「軒菖蒲」
  菖蒲と蓬を屋根に挿して邪気を払う風習だが、最近では茅葺きの屋根がなくなったので屋根の上に置いたり軒先に吊るすようになった。
 
端午の節句とちまき  中国の春秋戦国時代、楚(そ)の国の高名な詩人、屈原(くつげん)は
国王の側近として仕え、人々からも慕われていたが、陰謀のため国を追われ、故国の行く末に
失望して汨羅(べきら)川に身を投げてしまった。その日が5月5日。その時の想いを歌った長編叙事詩「離騒(りそう)」は中国文学史上、不朽の名作と言われている。彼の姉は弟の霊を弔うため、竹筒に米を入れ木の葉で蓋をして色糸で縛った餅を作り、川に投じて竜神に祭ったのが始まりであるという。それが日本に伝わり、5月節句の食べ物になったのだが、はじめは茅(ち)で巻いたので「茅巻」の名になったと言う。

スポンサーリンク

武者人形  男のこの居る家で武者人形を飾って男子の成長を祝うようになったのは江戸時代からだ。寛政年間(1789~1800)から兜や菖蒲刀を飾る内飾りが始まった。加藤清正、鎮西八郎為朝、八幡太郎義家、などの武者や桃太郎、金太郎などのお伽話の主人公が登場したのは文化文政期(1804~29)頃からだ。
 
甲冑   戦場で身を守ってくれる甲冑(鎧や兜)は武家にとって大事なもので、端午の節句では、鎧兜は子どもに災いがふりかからず、無事に逞しく成長するようにとの願いを込めて飾られる。
平安時代、日本の鎧兜は男子のおしゃれの象徴で甲冑(鎧兜)は男子の晴れ着を象徴していた。源義経は宮中へ行く時、毎回デザインの異なる鎧を着て行って、評判になったといわれている。また、徳川家康が天下を統一して泰平の世になってからも、甲冑は作られ、その時の甲冑は戦いの道具としてではなく、武士が願いをかけて大願が成就した時、神社に奉納するために作られた。それがいつしかインテリアとして家内に飾られるようになり現在では、日本古来の美術品としてと同時に、赤ちゃんの健やかな成長を祈る「災厄を撥ね退けるお守り」として、端午の節句に飾られるようになった。
 
鍾馗(しょうき)は魔よけの神様→  鍾馗は、主に中国や日本の民間伝承に伝わる道教系の神。日本では、疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を飾る。関東では、鍾馗や金太郎が特に好まれたといわれ、概して動的な迫力ある作風を特徴とした。唐の玄宗皇帝が病にかかったとき、夢に小鬼が現れて楊貴妃の紫香嚢と帝の玉笛を盗んで逃げようとするところを、大鬼があらわれて食い殺した。帝が訊ねると「私は終南山の鍾馗と言い、官吏になるための採用試験に落第して自殺したが、丁重に葬られたので、恩に感じ天下の災いを除く誓いをたてた。」と告げた。夢から覚めると病はすっかり治っていて喜んだ帝は、画家に命じて夢に見た鍾馗を描かせた。これが日本に渡来して五月節句の魔よけとして飾られるようになった。
 
兜飾り
甲冑飾り
祝い太刀武者人形
鍾馗(しょうき)人形
 
 
5月5日  各家庭

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ