【2017年3月・4月】東京で開催される注目のお祭り&伝統行事

2017年春の東京は、お寺、神社や公園が舞台となって、歴史ある伝統行事や春らしいお花のお祭りなど、多くのイベントが開催されます。今回は、中でもおすすめの東京都内で3月・4月に開催されるお祭り&伝統行事をご紹介します。


スポンサーリンク

深大寺の「だるま市」

「日本三大だるま市」の1つとして全国的にとても有名で、江戸中期ころから始まったと伝えられる。境内には約300に及ぶ、だるまのお店が立ち並び、威勢のいい掛け声で飛び交う。10時~16時の1時間毎には厄除や心願成就の護摩祈願が、14時には元三大師宝前に茶菓供物を奉納する伝統儀式「百味供養」と「お練り行列」が行われる。この行列は雅楽衆を先頭に、平安絵巻さながらの豪華絢爛な衣装に身を包んだ人たちが練り歩くもので、イベントはクライマックスを迎える。

開催日時: 2017年3月3日~3月4日
アクセス: 京王線調布駅北口、つつじヶ丘駅北口、JR吉祥寺駅南口、三鷹駅南口からバス
http://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php

高尾山薬王院の「火渡り祭」

薬王院の祷殿広場で修験道の修行の一つと言われる火業を行う、高尾山の伝統行事。山伏を先頭に、燃やした護摩木の上を素足で渡るというもので、心願成就を祈祷しながら炎の中を勇敢に歩く様は見応えたっぷり。一般の人もイベントに参加することできる。実際のところは、やけどの心配はなく生温かい程度の温度。ただし足が汚れるため、ウェットティッシュなどがあると便利。

開催日時: 2017年3月12日
アクセス: 京王線高尾山口駅下車、徒歩約5分でケーブルカー清滝駅へ。清滝駅より約6分で高尾山駅下車、徒歩約20分
http://takaosan.or.jp/taiken/hiwatari.html

根津神社の「第48回 文京つつじまつり」

つつじの名所として古来から知られており、約2,000坪のつつじ苑に100種類3000株のつつじが咲き乱れる。例年見頃は、4月中旬~下旬。豆粒ほどの花が咲くフジツツジ、黒ツツジと呼ばれるカラフネなど珍しい品種を楽しむこともできる。期間中は植木市や骨董市の露店も多数出店される。入苑の際、神苑整備事業ご寄進として200円かかる。

開催日時: 2017年4月8日~5月5日
アクセス: 根津駅から徒歩5分
http://www.nedujinja.or.jp/index.html

スポンサーリンク

浅草寺の「花まつり」

お釈迦さまのご生誕を祝う「仏生会」と呼ばれる伝統行事。本堂では「仏誕図」を掛け法要が行われ、本堂前の参道では幼稚園児たちが白像をひいて参拝する様子を見ることができる。甘茶の無料接待も振る舞われ、賑やかな一日となる。

開催日時: 2017年4月8日
アクセス: 浅草駅から徒歩5分
http://www.senso-ji.jp/

台東区立墨田公園の「流鏑馬」

流鏑馬は、江戸時代に浅草神社の正月行事として行われていたもので、今でもその伝統が受け継がれている歴史あるイベント。隅田公園山谷堀広場にて、狩装束姿の射手が馬に乗ったまま矢を放つ姿は、勇敢で迫力満点。昔射術の練習として草を束ねて作った、鹿の形をした的を弓でいる「草鹿」も同時に行われる。

開催日時: 2017年4月15日
アクセス: 浅草駅から徒歩8分
http://www.city.taito.lg.jp/index/event/calendar/calendar201604.html

品川神社の「太々神楽」

太々神楽は、東京都無形文化財に登録されており、徳川家康が関が原の戦いに出陣の際、勝利を祈願して奉納したと伝えられる歴史あるもの。品川神社では、笛、大拍子、大太鼓などの品川拍子と呼ばれる独特の拍子にのって、五穀豊穣などを祈願する。また、江戸時代から継承されている古いお面を付けた舞人が12座の舞を演じる他、春の大祭では拝殿の四方を祓い清める舞「四方拝の舞」や、稲作の豊穣を祈願する舞「稲荷の舞」などが奉納される。

開催日時: 2017年4月中旬
アクセス: 新馬場駅から徒歩1分
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/09_shinagawa/9001.html

スポンサーリンク

今回ご紹介したイベントは、古来から伝わる伝統行事も多数あります。訪れたことのある場所でも、イベント開催期間はどこか異なる雰囲気が漂いまた新しい魅力を発見できるはず。東京の奥深い歴史を見つけることができるでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ