節分・梅の季節!東京で2月に催される伝統儀式、お祭り6選

五條天神社の「うけらの神事」

2月は節分、梅などが咲く季節となり、東京エリアではさまざまな祭りが開催されます。厳しい寒さが続く中でも思わず出かけたくなってしまう、おすすめの6つのスポットを、その詳細とともにご紹介します。


スポンサーリンク

西新井大師の「節分(だるま供養)」

昭和29年から続く伝統行事で、家内安全や商売繁盛のためのだるまを供養するもの。僧侶の読経中、数万個の古いだるまに火が灯され、燃えゆく様子はとても厳かな光景。また本殿では一年の無病息災を願い、福を呼び込む豆まきなどのイベントも行われる。境内にはたくさんの露店や並び、食べ歩きなども楽しめる。

開催日時: 2月3日(水)
アクセス: 大師前駅から徒歩5分
http://www.nishiaraidaishi.or.jp/

浅草寺の「針供養会」

家庭の裁縫に欠かせない針に感謝して、裁縫の上達を祈願する伝統行事。一般的には淡島神社に参拝して、豆腐やこんにゃくなどに古い針を刺して供養することが一般的。針供養のシーズンは、境内には梅の花も咲きはじめるので、合わせて楽しめる。

開催日時: 2月8日(月)
アクセス: 浅草駅から徒歩5分
http://www.senso-ji.jp/

湯島天満宮の「第59回文京梅まつり」

江戸時代より梅の名所として知られ、境内には約300本もの梅の木が植えられている。品種は白梅「白加賀(しろかが)」がメインで、例年見頃は2月中旬~下旬。学問問の神様・菅原道真公が祀られており、「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」と、九州の大宰府に流される際に詠んだ歌はあまりにも有名。期間中はたくさんの屋台が出店して賑わいを見せるほか、カラオケ大会や茶道などのイベントも充実。また日没~夜にかけてライトアップイベントも行われるので、昼間とは異なる雰囲気を楽しむことができる。

開催日時: 2月8日(月)~3月8日(火)
アクセス: 湯島駅から徒歩2分、上野広小路駅から徒歩5分、上野御徒町駅から徒歩5分、御徒町駅から徒歩8分
http://www.yushimatenjin.or.jp/

スポンサーリンク

上野公園の五條天神社の「うけらの神事」

毎年節分に行われる新春を迎える伝統的な儀式。平安時代から伝わる、蟇目鏑(ひきめかぶら)という神弓・神矢で悪鬼を祓い、一切の悪行を退散させる。うけらとは食用のキク科の植物で、このうけらを焚いた火で焼いた餅を食べると、一年無病息災で過ごすことができると伝えられる。「病鬼との問答」や「豆まき」などのイベントも行われる。

開催日時: 2月3日(水)
アクセス: 上野駅から徒歩3分、京成上野駅から徒歩3分
http://www.gojotenjinja.jp/

羽根木公園の「第39回せたがや梅まつり」

羽根木公園で毎年開催されるお祭りで、約60品種、紅梅約230本、白梅約420本の合計約650本の梅が美しく公園を彩る。期間中は、土日を中心に梅にちなんだイベントも多数開催される。植木・園芸市や物産展、梅にちなんで梅大福、梅ようかん、完熟梅のマドレーヌなどを販売する売店も多い。筝曲演奏、俳句会、抹茶野点、餅つきなどのイベントも開催され、幅広い年齢層が楽しむことができる。

開催日時: 2月中旬~3月上旬
アクセス: 梅ケ丘駅から徒歩5分
http://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/547095/

向島百花園の梅まつり

江戸時代後期に開園された際に、約360本の梅が植えられたことから「新梅屋敷」と呼ばれていた。今では月影、初雁、白加賀など20種類の梅を楽しむことができる。開催期間中には、江戸の文化に触れるイベントを多数開催。梅を主題に来園者が和歌や俳句を詠むイベント、南京玉すだれや独楽回しなどの江戸大道芸、和菓子体験などが行われる。

開催日時: 2月中旬~3月上旬
アクセス: 東向島駅から徒歩8分、京成曳舟駅から徒歩13分
https://www.tokyo-park.or.jp/

スポンサーリンク

お祭り期間中はイベントなども多数開催されています。特に週末が中心となるので、事前にリサーチして楽しんでみることもおすすめです。しかしまだまだ寒い季節なので、防寒対策をしっかりとして出かけるとよいでしょう。

国内旅行の予約には断然
楽天プレミアムカードがお得です!

楽天プレミアムカード

  • 楽天市場のお買い物ポイントが最大5倍
  • 楽天トラベルでの予約にポイントが使える
  • 国内旅行でも手厚い傷害保険で安心!
  • プライオリティ・パスで空港ラウンジが無料
  • 新規入会&1回利用で最大13,000ポイント
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ