浅草の「酉の市」

11月の酉の日は「おおとり」と名のつく神社の祭礼。東京では15を超える神社で酉の市が立ち、商売繁盛、開運出世の熊手の護符が授与され、境内には縁起物の福熊手を売る露店が出る。熊手は宝船、お多福面、千両箱、大福帳、矢的などを飾りつけたもので、熊手は運を「掻き込む」、酉は「取り込む」という江戸っ子の洒落がきいている開運の縁起物なので、古くから商人、花柳界、水商売、芸人などに人気があった。江戸時代、花又村(現在の花畑)の大鷲神社に11月の酉の日に、農民から鶏が多数奉納され、その際、神社で熊手を授けたのが酉の市の創めで、この日は門前市をなし、世間で「酉の町」と呼ばれたのが「酉の市」の語源だ。

スポンサーリンク

ところせましと並べられた色鮮やかな福熊手  関東3大酉の市の1つで山手随一の賑やかさを誇る浅草酉の市。境内には200軒をこえる露店が。
 

スポンサーリンク

八つ頭を売る店 酉の日の当日、神前に幣帛として「八つ頭」と「熊手」を献納する。「八つ頭」は日本武尊が東征の時、八族の各頭目を平定した功績を具象化したもの、古来より「頭の芋」とも呼ばれる「八つ頭」は人の頭に立つように出世できるという縁起に結びつき、縁起物として広く信仰を集めた。
 
大きな福熊手を 熊手は日本武尊が焼き討ちに遭った時、薙ぎ倒した草を当時武器でもあった熊手でかき集め、その火を防ぎ迎え火をもって賊を平らげ、九死に一生を得たことを偲ぶものとされる。「熊手」は家の内に宝を掃き込むとか掻き込むという縁起物。
 
浅草、鷲神社の入口風景

千束の地名  千束の地名は古くからあり、室町時代からこの辺り一帯を千束郷と称していた。江戸時代には浅草寺の後ろに近接している部分を内千束町、日本堤の外にある部分を外千束町と称していた。千束の地名は、この地が田圃であり、稲千束や千束の田圃に関するものと考えられる。束とは稲十把のこと。

11月の酉の日   鷲神社(℡03-3876-1515
(台東区千束3-18-7、地下鉄日比谷線・入谷・三ノ輪)
 

スポンサーリンク

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ