花畑の「酉の市」

鷲神社は大阪府堺市鳳町にある大鳥神社が本社で大阪近郊と東京近郊に末社が多くある。11月の酉の日にこの鷲神社に熊手を売る市が立つ。足立区花畑の大鷲神社が起こりと言われ大酉または本酉といって浅草の新酉が生まれるまでは近郷近在はもとより江戸市中からも親しまれていた。江戸時代、花又の酉の市ではとばくが開帳され、それが禁止されてからは江戸市中から遠いこともあって、賑いは次第に現在の浅草の鷲神社に移っていった。参詣客が行列をつくる大賑わいの社頭に七五三の姿が見られるのもここの特徴で酉の日に七五三参りをすると丈夫に育つと言われている。

スポンサーリンク

めでたく商い成立し威勢良く手を締める  酉の市が酉の日に行われるのは鳥明神と言われ大鳥神社に関係深い日本武尊の命日が酉の日だったとも、また熊襲征伐出発の日が酉の日だったという2説あり。
 

スポンサーリンク

様々な福熊手が店一杯に  昔、鶏を献上して開運を祈願したのが始まりと言われ、それにともなって土地の産物をはじめ、様々な品を商うようになり、やがて江戸時代後期に運を掻き込む熊手市がたつようになったという。
 
七五三の子供たち  大勢の参詣者に交じり、七五三の子供達の姿が見えるのはこの大鷲神社特有の風景だ。
 

足立区の地名  その昔、海辺に接していた低湿地帯の一部で、 湿原や荒地だったと推定されていて、足立という地名の 由来は、あたりに葦がたくさん生えていたので、「葦立ち」 といったのが、「足立」になったという。


花畑の地名
  江戸時代は「花又」、綺麗な呼び名にと、「花畑」に..。

11月の酉の日   大鷲神社(℡03-3883-2908
(足立区花畑7-16-8、東武伊勢崎線・谷塚→バス草加記念体育館)
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ