「通し矢」とは平安時代末期京都の三十三間堂で始められた弓術のことをさし、新春の1月15日前後の日、「楊枝のお加持」と同日に大的全国大会が行われます。続きを読む