7月に訪れるイベント&お祭りで大阪の夏を100倍楽しむ!

天神祭奉納花火

大阪には夏を満喫できる歴史あるお祭り、ワイワイと楽しむフェスティバル、七夕、クルーズ、花火大会など、一大都市ならではの大規模なイベントが充実しています。そこで今回は、この夏、7月に楽しみたいおすすめのイベントとお祭りを8つご紹介していきます。


買い物合間に楽しめる!「第10回梅田七夕」

新梅田シティの滝見小路・空中庭園展望台が舞台となり、清涼感たっぷりの笹飾りが装飾される。期間中は縁日やジャズライブなども開催されるので、買い物合間に気軽に楽しめそう!

日程: 5月28日~8月8日
アクセス: 大阪駅・梅田駅から徒歩10分
http://www.skybldg.co.jp/event/

茨木市の夏のイベント「茨木フェスティバル」

「みんなで創ろう!みんなの祭り」をテーマに、みんなでワイワイ楽しむお祭り。ステージイベント、コンサート、ゲーム大会、キッズ体験まで、とにかく各会場で終日イベントが満載。屋台も多数出店するので食べ歩きも楽しめる!

日程: 7月下旬
アクセス: 茨木駅すぐ
http://www.iba-fes.jp/index.html (2015年)

関西エリア最大級のアジサイを楽しむ!「ぬかた園地のあじさい祭り」

大阪府民の森にあり山道のハイキングを楽しみながら、アジサイが咲くぬかた園地にアクセスできる。総延長1500メートルに、30数品種2万5千株が咲き乱れる。他では味わえないスケールが魅力的。

アクセス: 額田駅または枚岡駅から徒歩80分、山上駅から徒歩30分
http://osaka-midori.jp/mori/chubu/ajisai.html

60年以上続く歴史ある花火大会「第64回岸和田港まつり花火大会」

岸和田市の夏の風物詩で、約1500発が打ち上げられる。見どころは大会の最後に打ち上げられるワイドスターマイン。その他にも250メートルのダイナミックな大型花火、連続して打上げられるスターマインなどがある。

日程: 7月下旬
アクセス: 岸和田駅から徒歩30分
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/

万博グッズを一挙公開!「大阪万博グッズ三昧!」

大阪万博のパンフレット、バッジ、切手から鍋などの日用品まで、コレクターが46年かけて集めたグッズを一挙公開。万博公園が会場となるので、観光ついでに最適!入場料は大人400円。

日程: 3月26日~7月3日
アクセス: 万博記念公園駅からすぐ
http://www.expo70-park.jp/event/10284/

お洒落なナイトクルーズ「中之島ナイトクルーズ」

生演奏とお酒を楽しみながら、お洒落な時間を過ごすことができる大人向けのクルーズ。大阪夜景を見ながらロマンチックに過ごすことができる。料金はワンドリンク付いて2500円。19時と20時のコースがあり、それぞれ約40分。日にち限定のため予約がおすすめ。

日程: 7月15日
アクセス: 淀屋橋港集合(京阪淀屋橋駅すぐ)
http://suijo-bus.osaka/event/detail.php?seq=9

天神祭の見どころの一つ!「天神祭奉納花火」

天神祭のイベントの一つで、神様に奉納する花火。川崎公園・桜之宮公園を会場に約4000発が打ち上げられる。仕掛け花火や、天神様にちなんで「紅梅」とよばれるオリジナル花火も打ち上げられる。

日程: 7月下旬
アクセス: 桜ノ宮駅から徒歩2分、天満橋駅から徒歩5分
http://www.tenjinmatsuri.com/

恋愛運アップも期待できる!?「愛染まつり」

「愛染さん」で親しまれる愛染堂勝鬘院で行われる伝統行事。本尊の愛染明王は、良縁成就にご利益があると言われており、正月とこの期間限定で開帳される。この時期から浴衣を着ることから、別名「浴衣祭り」とも言われている。初日のパレード、縁日、芸能大会など見どころたっぷり。

日程: 6月30日~7月2日
アクセス: 四天王寺前夕陽ヶ丘から徒歩3分
http://www.aizendo.com/festival.htm

今回ご紹介したものは、他県からも訪れる人も多い人気のイベントが盛りだくさんです。当時は混雑が予想されるので、時間には余裕を持って足を運ぶとよいでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ