千葉の2017年3月・4月のイベント|梅や桜の鑑賞、ドイツ村等

さわら雛めぐり

春の千葉は、一足早く春の訪れを感じるスポットもたくさんあります。今回は、千葉で楽しめる2017年3月・4月のイベントをピックアップしてみました。お雛様牡蠣など様々なジャンルのイベントをご紹介します。


スポンサーリンク

佐原まちぐるみ博物館の「さわら雛めぐり」

江戸の商都の面影を残す佐原の町並みにあるそれぞれの商家では、江戸や明治時代の古びなや和紙で製作した雛人形が並ぶ。佐原町並み交流館などの施設でも雛人形が飾られ、町全体が雛祭りのムードに包まれ、この季節らしい風景を楽しむことができる。また「さわら雛舟」の運航も行われる。これは煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様が小野川を水上パレードするもので、水郷の町らしい風景を楽しめる。

開催日時: 2017年2月4日(土)~3月26日(日)
アクセス: JR成田線「佐原」駅より徒歩約10分
http://www.katorishi.com/event/s_hina.html

阿玉台貝塚の「阿玉台貝塚梅林」

国指定史跡の阿玉台貝塚は、関東の縄文土器編年の標式遺跡となっており、縄文時代中期の土器が多数出土している。貝塚にはたくさんの梅の木が植えられており、約40種類1,000本の梅を3月中旬まで楽しめる。無料で開放されていることも魅力の一つ。

開催日時: 2017年2月初旬~3月中旬
アクセス: JR成田線「佐原」駅より徒歩約10分

東京ドイツ村 ウインターイルミネーション2016-2017

東京ドイツ村の冬と春の風物詩。関東3大イルミネーションにも選定されており、南房総最大級の約250万個のLEDを使った幻想的なイルミネーションを楽しめる。園内はマイカーで入ることができるので、子連れや年配の人でも楽しめる。

開催日時: 2016年11月1日~2017年3月31日
アクセス: JR袖ヶ浦駅より期間限定シャトルバスあり
http://t-doitsumura.co.jp/special_event/

スポンサーリンク

稲毛海浜公園バーベキュー場「かき小屋」

稲毛海浜公園バーベキュー場にあるかき小屋で、買い物、機材、後片付けも不要で気軽に牡蠣を楽しめるイベント。テーブルごとに防寒対策がなされており、炭火で焼かれた新鮮でおいしいぷりぷりの牡蠣を楽しむことができる。新鮮な海産物や野菜なども楽しめるので、家族や友人同士でワイワイ楽しむことができる。

開催日時: 2015年10月31日~2016年3月27日※終了
アクセス: 稲毛駅から海浜交通バス「海浜公園プール行」または「高浜車庫行」
http://www.cga.or.jp/004008/

東庄町いちご狩り

東庄町にある7つの農園では冬から春にかけて、アイベリー・ふさのか・紅ほっぺなどのいちご狩りを楽しむことができ、特に大きな粒で有名な高級いちごアイベリーが人気。卵ほど大きさの「特大の苺 アイベリー」は甘さと酸味のバランスが絶秒。料金は時期によって異なり、大人一人800円~1700円。生育状況によって園の営業日が異なるので、事前の確認がおすすめ。

開催日時: 2017年1月4日~5月中旬頃まで
アクセス: JR成田線笹川駅からタクシーまたは徒歩。
http://www.tohnosho-kanko.jp/sightseeing/miru_asobu.html

大房岬自然公園の桜

ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、約250本の桜を咲き誇る。園内には、見晴らしのよい遊歩道が巡らされており、森と館山湾を望めるスポットもあるので、景色を楽しみながら散策を満喫できる。その他ハイキング、バードウォッチング、キャンプなども楽しめ、一日遊ぶことができる。

開催日時: 2017年3月下旬~4月上旬
アクセス: JR内房線富浦駅下車徒歩約40分、駅からタクシー約5分(1,700円程度)
http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8567

スポンサーリンク

今回ご紹介した内容は、温暖な気候の房総半島ならではのイベントもご紹介しています。まだまだ寒い季節だからこそ、暖かいエリアに足を運んでみれば、心も身体もポカポカした気分で、春の風物詩を楽しむことができるでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ