株主優待券やマイレージ等!国内格安航空券を賢く手に入れる5つの方法

株主優待券

出張、旅行、帰省に少しでもチケットを安く手に入れたいと考えている人も多いことでしょう。今回紹介するのは国内格安航空券を安く手に入れる5つの方法です。定番の方法から裏ワザまで、幅広く紹介していきますので、旅のプランを立てる前に一度チェックしてみてください。


スポンサーリンク

株主優待券の活用

株主優待券は、金券ショップやインターネットオークションで手に入れることができます。ただし有効期間(搭乗可能期間)が限られているので、乗りたい日が有効期間内にあるのか確認をしてから購入する必要があります。

株主優待券を利用すると、普通運賃の半額で利用可能。通常4万円のチケットであれば、2万円で手に入れることができ、マイレージの加算率も75%も貯まります。

この方法は早割チケットが間に合わない、直前や当日にチケットを購入する場合にお得な方法になります。

早めの予約がおすすめ!

通常のチケットは2ヶ月前が発売日となりますが、通常よりも早い時期に販売されるチケットを利用することもお勧めです。JALでは「先得」、ANAでは「旅割」などがそれに該当します。

早いものでは半年以上先まで予約をすることができ、安いものであれば片道10,000円前後で購入できます。これは通常料金の半額以下の値段となり、とてもリーズナブル。

ただし区間や日にちを変更することはできないため、スケジュールが確定していることが前提となります。

LCCの活用

利用できる路線が限られていますが、LCCを利用すれば安いものであれば片道5,000円前後でチケットを手に入れることができます。通常のチケットは往復で利用した方が割引料金が適応になり安くなりますが、LCCは片道でもリーズナブルな価格でチケットを手に入れることができます。

徹底したコスト削減を意識しているため、予約はインターネットが主流で、機内サービスや機内持ち込み荷物などには別途料金がかかります。

また変更や払い戻しなどは、高く設定されているので、ウェブ予約の際には入力ミスなどがないように注意が必要です。

スポンサーリンク

マイレージカードを持つ!

マイレージが貯まるクレジットカードを一枚持ってみることもおすすめです。年会費はカードによって初年度無料や、積算率がよい分年会費がやや高く設定されているものまで、さまざまですが、日常生活の中でクレジットカードを使うだけでマイルを貯めることができます。

マイルを貯めれば無料でチケットを手に入れることができ、座席指定やウェブチェックインなどができるメリットもあります。

パッケージツアーの活用

往復のチケットとホテルが付いてくるパッケージツアーは、チケットとホテルを別々に購入するよりもリーズナブルな価格となっています。

例えば羽田―大阪間は通常のチケットは片道約25,000円ですが、パッケージツアーは往復のチケットとホテルが付いて25,000円前後から購入できます。ただしパッケージツアーは、利用する航空会社によって購入期限があり、通常5日前~10日前となっています。

商品によってはエリア内であれば、往路と復路で異なる空港を利用することもできるので、九州周遊や四国周遊などの旅も楽しめます。さらに家族やグループ旅行で利用すれば、3名1室や4名1室料金が適応となり、さらにお得な料金で楽しめます。

スポンサーリンク

今回ご紹介した方法は、購入期限や変更料金などそれぞれ細かくルールが決められています。やはり安いものほど、ルールが厳しくなる傾向にあるので、スケジュールを確定してから予約をすることがお勧めです。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ