京都で自分自身を見つめる旅!非日常を体験できるお寺で観光

迷いの窓 - 悟りの窓

今回ご紹介するスポットは、忙しい日常を忘れ、非日常の空間に身を置くことで、自分と向き合う時間を持つことができるお寺です。人生に迷いがあるとき、自分の心を見つめ直したいとき、邪念を捨てたいとき・・・そんなマイナスな時に、生きるヒントを与えてくれるお寺を4つご紹介していきます。京都での観光プランに加えてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

 「迷いの窓」と「悟りの窓」で悟りの境地へ。「源光庵」

源光庵は1346年に、大徳寺の徹翁国師によって臨済宗のお寺として開創しました。

当時の姿がそのまま残されている本堂には、四角い「迷いの窓」と丸い「悟りの窓」があり、それぞれには禅の仏意が込められています。

「迷いの窓」は4つの角が「人間の生涯」を表しており、生きることや苦しいことなど、人間が命を終えるまで逃れることができないことを象徴しています。一方「悟りの窓」は「禅と円通」を表しており、この丸い形こそが宇宙を表現しているとも言われています。何事にもとらわれない、ありのままの大らかな姿や形がここに込められています。

眺め方は、まずは迷いの窓を見て自分自身と向き合います。そして悟りの窓を見ると、本来の自分に出会い、悟りの境地へと導かれると言われています。

紅葉のシーズンには、この窓から色づいた庭園を眺めることができ、情緒溢れる光景が人気となっています。

またもう一つ本堂の天井を見てみると、生々しくも血痕の跡が付いていることが分かります。これは伏見城が落城した時に多くの武将が討死し、その血の付いた床板を供養するために移したものです。「血天井」と言われ、往時の激戦と今に伝える貴重なスポットとなっています。

アクセス:市バス6、北1番系統、鷹峯源光庵前下車徒歩1分
拝観料:400円
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000055

住職の説法を聞いて、自分を見つめるひととき!鈴虫が1年中鳴く「鈴虫寺」

通年を通して境内に鈴虫が鳴いていることから鈴虫寺と呼ばれるこのお寺は、正式には華厳寺と言います。

参拝者は、まず書院で茶菓子とお茶を頂きながら住職の説法を聞き、普段の自分を見つめ直す時間を持ちます。そして山門脇にある幸福地蔵に、叶えたい事を一つだけ具体的にお願いし、自分の氏名や住所も伝えます。

地蔵は日本で唯一わらじを履いており、これはそれぞれの参拝者のところへ行って願い事を叶えてくれるのだとか。その効果が口コミで広がり、女性を中心に全国から参拝者が訪れます。

境内は高台にあることから、市内を一望できるビュースポットでもあり、まさに心願成就も景色も楽しめるお寺として重宝されています。

アクセス: 京都バス73、83番、鈴虫寺行きにて約60分、終点下車後徒歩3分
拝観料: 500円(お茶菓子付き)
公式サイト: http://www.suzutera.or.jp/

苔が織り成す見事な空間と写経体験「苔寺」

「苔寺」とよばれる西芳寺の境内には、120種類のモスグリーンの苔が覆い、ふかふかの緑の絨毯が辺り一面に広がっています。梅雨には雨しずくと苔が調和した美しい緑になり、紅葉には苔の緑と色づいた木々のコントラストが見事です。

苔寺の拝観には事前の申し込みが必要で、これには住職の説法と写経体験料が含まれています。静かな佇まいの中で、般若心経の写経をする時間は、自分自身と真剣に向き合う貴重な機会であり、写経に書いた願い事は永久奉納してくれます。

写経体験をした後は庭園散策となり、異次元のような空間の中で、悠久のときを過ごすことができることでしょう。

アクセス: 京都バス73、83番、鈴虫寺行きにて約60分、終点下車後徒歩3分
拝観料: 3000円(写経体験付き)
http://www.pref.kyoto.jp/isan/saihouji.html

座禅体験をして自分を見つめ直そう!「毘沙門堂 勝林寺」

毘沙門堂 勝林寺は本山東福寺の鬼門の位置にあり、別名「東福寺の毘沙門天」とも呼ばれています。ここでは座禅体験をすることができ、初めての人でも安心して受けることができます。

坐禅の「坐」という字は、動かないように安定させるという意味があり、まさにそれに習うように身体をじっと落ち着かせます。忙殺された時間を忘れ、邪念を捨て、心を集中すれば、自然と身体が浄化されていくことが分かります。きっと何かを見つけ、心の調和を保つことができるでしょう。

電話もしくはインターネットから事前予約が必要、所要時間は60分。座禅の後には、法話を聞きながらお茶をいただく時間も設けられています。

アクセス: 京阪東福寺駅下車徒歩8分、市バス202・207・208系統「東福寺」バス停下車
拝観料: 1000円(座禅体験)
公式サイト: http://shourin-ji.org/

シンプルだけど癒される!嵯峨野の「竹林の道」

河内山荘から野宮神社の間を約200メートルにわたって続く道のりで、ずらりと並ぶ竹、竹の合間から優しく差し込む太陽の光、そのすべてが融合した景観の美しいスポットです。秋に開催される京都花灯路では、竹林がライトアップされて、幻想的な風景を楽しむことができます。無料で楽しめることも魅力的!

アクセス: トロッコ嵐山駅から徒歩3分、嵐山駅から徒歩12分
http://www.japan-travel-navi.jp/kyoto/spots/rakusai/chikurin/

スポンサーリンク

こんにゃく料理や精進料理を味わえる!「智積院会館茶寮」

智積院の名物であるこんにゃく料理や精進料理を楽しむことができます。こんにゃく料理、精進料理ともに1500円~。智積院には国宝に指定されている障壁画や名勝庭園があることでも知られています。

アクセス: 京都駅よりバスで約10分、東山七条下車すぐ
http://www.19an.com/

保津川でアクティブに楽しむ!「ラフティング」

お寺の参拝のイメージが強い京都ですが、保津川のラフティングは今話題のアクティビティ。保津川半日コースでは、8カ所の激流とその小さな激流を乗り越えていきます。途中自由参加で、流れが穏やかな場所を泳いだり、ジャンプできるスポットもあります。インストラクターがしっかり指導してくれるので、初心者でも気軽に楽しむことができます。

アクセス: 馬堀駅下車後徒歩5分(集合場所)
https://www.gekiryu.com/hozu/hozu.html

まるでイギリス!キュートなカフェ「カフェ・アンダンテ」

松尾大社から鈴虫寺の途中にある、イギリスをモチーフとしたカフェ。英国風のガーデンに、店内はイギリスから寄りよせたアンティ―クで統一されています。紅茶は定番から珍しいものまで約20種類揃っており、ケーキはすべて手作りにこだわっています。

アクセス: 松尾大社駅から徒歩10分
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260403/26000313/

ビュースポットが満載!「嵐山・高雄パークウエイ」

嵐山・高雄パークウエイは、自然豊かな京都の美しい風景を一望できる約10キロのドライブルートです。そのハイライトとなるのが、保津峡展望台。緑に囲まれた保津川や船、トロッコ列車がコトコト走る音などが相まって、のどかな風景を満喫できます。またルート沿いには菜の花やコスモスが咲き誇り、花の鑑賞も楽しむことができます。

アクセス: 京都南ICからは車で30分
http://www.parkway-hankyu.com/feature/

着物を着て町散策!「染匠きたむら」

美しい上質な着物をレンタルできると評判のお店。着物レンタルセットは5400円で、10時~18時までで時間制限がないので、一日着物を着て散策できます。「袷(あわせ)」「単衣(ひとえ)」が約250着以上用意されており、足袋、巾着、草履などの和装小物も充実していることも魅力的です。着付けやヘアセットの料金も含まれているので、手ぶらで気軽に楽しむことができます。

アクセス: 京都駅からバス「清水寺行」(206)、東山安井下車徒歩5分
http://www.sensho-kitamura.jp/

平家物語に登場する「祇王寺」

竹林と紅葉が美しいお寺として知られており、悲恋の物語が語り継がれているお寺。その見どころは草庵の大きな窓である「吉野窓」。窓の格子や竹林、光の加減などによって、虹色の影を作ることから「虹の窓」とも呼ばれています。大人300円、小人(小学生のみ)100円。

アクセス: 嵐山駅から徒歩20分
http://www.giouji.or.jp/#fb_area

京都最大級の滝「空也の滝」

嵐山の北西にある清滝エリアは、トレッキングスポットとして知られており、途中の見どころの一つに空也の滝があります。この滝は平安中期には修行の地として知られており、滝の前には鳥居や無数の灯籠があり、滝とコラボレーションした風景はとても神秘的です。

アクセス: 嵐山からバス、清滝下車
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=4&ManageCode=7000030

人力車に乗って移動も観光もダブルで楽しむ!「人力車のえびす屋」

嵐山エリアのシンボル・渡月橋がスタート地点となり、嵐山や嵯峨野エリアの散策に最適な乗り物です。30分貸切の嵯峨野竹林のコースは、歴史と癒しをダブルで楽しめるこのエリアの魅力をたっぷりと味わえるルートで、1名7,000円、2名様9,000円、3名様13,500円。

アクセス: 嵐山駅から徒歩7分
http://ebisuya.com/

大沢池が美しい!「大覚寺」

庭湖とも呼ばれており、周囲の楓、桜、松と相まって風情溢れる光景を楽しむことができます。夜になると大沢池の周りはライトアップされ、周囲の風景が水面に映し出され、「真紅の水鏡」とよばれて親しまれています。

アクセス: 嵐山駅から徒歩15分
http://www.daikakuji.or.jp/

鴨川、東山、京都の街並を一望できる!「Ace cafe(エースカフェ) 」

大きなガラス窓からは京都の街並みを一望でき、夜には煌めくような美しい夜景を鑑賞できます。料理はイタリアン料理や創作料理が中心で、カップルシートもあるのでデートにもおすすめ。

アクセス: 京都市役所前から徒歩2分、三条駅から徒歩5分
http://acecafe-k.tumblr.com/

川床料理の名店「貴船ふじや」

夏になると川のせせらぎを聞きながら、豪華な会席を味わうことができる川床料理が有名です。冬はぼたん鍋を味わうことができ、山の幸と川の幸をたっぷり使った料理は絶品。

アクセス: 貴船口からバス4分、貴船ふじや下車すぐ
http://www.kibune-fujiya.co.jp/

京都市内を一望できる「将軍塚」

東山ドライブウェイの頂上にあるビュースポットで、夜には夜景を一望できます。また椿、彼岸桜、桃、藤、ツツジ、紅葉など四季折々の風景を楽しむことができる、今秘かな人気急上昇中のスポットです。

アクセス: 東山駅から徒歩5分
http://www.shorenin.com/shogun/

予約なしで可能!建仁寺の写経体験

予約不要なので、空き時間の有効活用にもおすすめで、気軽に写経体験をすることができます。所要時間は約45分、納経料1,000円。道具は全て用意されているので、何かと安心できます。

アクセス: 祇園四条駅から 徒歩7分、河原町駅から徒歩10分
http://www.kenninji.jp/experience/

大原の額縁庭園で有名な「宝泉院」

拝観料にはお茶菓子代が含まれており、四季折々の美しい風景を一望しながら一息つくことができます。柱と柱の空間を額に見立てることから「額縁庭園」とよばれており、特に紅葉の時期には、色鮮やかな美しい風景を一望することができます。京都駅からはやや離れていますが、大原の山里に佇む自然豊かな環境も魅力的です。

アクセス: 国際会館駅下車後、国際会館駅前からバス(19系統)、約25分、大原下車
http://www.hosenin.net/

回遊式庭園が美しい!「桂離宮」

日本庭園美の集大成といわれるほどに、庭と建築の融合が見事な庭園は見応えたっぷり。約6万9400平方メートルの敷地には、古書院、中書院、新御殿などがあり、池では舟遊びも楽しむことができます。拝観は事前の予約制となっており、往復はがき又はホームページから申し込みができます。

アクセス: 桂駅下車後、徒歩20分
http://sankan.kunaicho.go.jp/

スポンサーリンク

今回ご紹介したお寺は、京都のいわゆる定番の観光スポットではなく、一歩踏み込んだスポットをピックアップしています。お寺を見るだけではなく、そこで考えたり、体験することも、一つの旅のスタイル。仏教の世界観に触れる時間は、きっと日常にプラスをもたらしてくれることでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ