杜の都に眠る伊達家の面影|宮城白石市・仙台市の観光と見所

数いる戦国武将の中でも、特に人気が高い独眼竜・伊達政宗。奥羽(東北地方)を席巻し、伊達氏の最大勢力を築いた政宗ですが活躍し始めた頃には、すでに豊臣秀吉という日本全国に影響を及ぼせる大勢力がいて「もう少し生まれてくるのが早ければ」や「最後の戦国大名」と言われたりしています。

今回は伊達政宗や側近であった片倉景綱(初代:片倉小十郎)ゆかりの地である宮城県白石・仙台エリアを紹介していきます。


スポンサーリンク

奥州の雄・伊達家とは?

伊達家は戦国時代よりももっと前、鎌倉時代から出羽や陸奥の国(山形・秋田県周辺)で勢力を誇っていた名族で政宗はその伊達家の16代目当主。

この時、政宗を支えた『智の片倉景綱(片倉小十郎)』や『武の伊達成実』といった高名な家臣が伊達家に集まっていました。

独眼竜

政宗の幼名を梵天丸といい、幼い時に天然痘にかかり右目を失ってしまいます。この時、世話係についたのが後に右腕となる片倉景綱(初代:片倉小十郎)。彼の言葉で政宗は『独眼竜』として、強く生きる事を決意します。

ちなみに独眼竜はもともと、中国の武将につけられたあだ名でこの話を景綱が政宗にしたとも言われています。

家督相続から東北武将との闘い

伊達家の中では隻眼の政宗よりも弟を推す声が多くありました。

政宗は家督相続に巻き込まれ、それを乗り越えた先には家臣の裏切りにより慕っていた父も失ってしまいます。そして、伊達家を盤石にする為に名だたる東北の武将達との覇権をかけた戦いに身を投じていくのでした。

伊達家関連スポット一覧

東京から新幹線で日帰りも出来る仙台・白石散策。

まずは東北新幹線で白石蔵王駅で下車し、白石エリアをまわりそこから在来線で仙台まで向かいます。仙台で伊達政宗ゆかりの地を巡って、駅前で美味しい牛タンに舌鼓し、帰りの新幹線ではグッスリ睡眠。

仙台駅前は牛タンの激戦区でもあるので、食べてよし、お土産を買ってもよし。歴史と一緒に、グルメも楽しめる。杜の都、仙台は魅力満載です。

白石エリア

片倉景綱(片倉小十郎)が治め、白石城が残るエリア。真田幸村は大阪夏の陣に挑む前に敵将である二代目・小十郎の重長へ愛娘である阿梅を預け、後を託しました。阿梅は片倉家の人々に愛され、後に重長の継妻となりました。白石に片倉家を象徴するエピソードとして、語り継がれています。

白石城

仙台藩伊達家の支城として、片倉家が代々居住した白石城。別名は益岡城。明治初頭の廃城令により廃城処分となり、ほとんどの建物は破却、天守閣は石垣なども撤去されて更地に。

現在では三階櫓など本丸の一部が1995年に木造で復元されて、公園になっています。

〒989-0251 宮城県白石市益岡町1-16
東北新幹線「白石蔵王」駅より車で5分/東北本線「白石駅」より徒歩10分

片倉家御廟所

片倉家代々の城主の墓所は、白石城の見える福岡蔵本の愛宕山麓に決め、傑山寺より初代景綱と二代重長の墓を、景綱の命日にあたる延宝八年(1680年)10月14日に改葬し、仙台の石工に阿弥陀如来座像を刻ませて墓標としました。

〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本字愛宕山
JR東北本線白石駅ーバス約10分

小十郎プラザ

白石駅前にある小さなお店。中には片倉小十郎・伊達政宗をはじめ、ゲーム戦国BASARAや戦国無双のグッズも販売しています。

〒989-0243 宮城県白石市字沢目64-15
JR東北本線白石駅ロータリー

スポンサーリンク

仙台エリア

杜の都『仙台』。伊達62万石の居城『仙台城』や政宗が眠る『瑞鳳殿』、振彦命(たけふるひこのみこと、伊達政宗の神号)を祀る『青葉神社』など、政宗を感じる事の出来るエリアです。

仙台城址(青葉城址)

現在の宮城県仙台市青葉区(陸奥国宮城郡)の青葉山にあり、雅称は『青葉城』。伊達政宗騎馬像のある天守台は眺めがよく、仙台市の代表的風景として絵葉書などにもなっています。市内を一望するビュースポットとしても人気があります。

〒980-0862 宮城県仙台市青葉区 天守台青葉城址
JR仙台駅から車で約10分

瑞鳳殿

杉木立に覆われた境内に伊達政宗公の御廟瑞鳳殿、二代忠宗公の感仙殿、三代綱宗公の善応殿があります。派手で粋な『伊達男』らしく、豪華で立派な瑞鳳殿には見る者を圧倒します。

〒980-0814 宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
JR仙台駅よりタクシー15分
仙台駅西口バスプール16番乗り場 るーぷる仙台「瑞鳳殿前」下車徒歩10分

青葉神社

伊達政宗公を祭神(武振彦命)として創建された神社。さまざまなイベントが開催され、付近には覚範寺、資福寺、輪王寺といった寺院が多く緑に覆われた参道は市民に愛される散歩道になっています。

〒981-0916 宮城県仙台市青葉区青葉町7-1
地下鉄北仙台駅下車、徒歩5分

編集後記

参謀として伊達家を支えた片岡景綱。父の後と小十郎の名を継いだ重長。そして、彼らをまとめ、全国に名前を轟かせた伊達政宗。義の心で繋がった彼らの絆を感じる東北の旅を、是非体験してみてください。

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ