京都で歴史と文化にふれる旅!おすすめの国宝やお寺10選

東寺五重塔

何度でも訪れたくなる京都には、たくさんの神社・お寺があります。今回は、悠久のときを経ても今もなお愛される、古都の魅力を存分に楽しめるスポットをご紹介します。国宝や世界遺産に登録されているおすすめのスポットを10カ所、ピックアップしてみました。


スポンサーリンク

古都のシンボル「東寺五重塔」

江戸時代の建築で、高さ55メートルの日本最高の高さを誇る五重塔。弘法大師空海が唐より持ち帰った仏舎利が納められている。

アクセス: 京都駅から徒歩15分、東寺駅から徒歩10分
http://www.toji.or.jp/gojunotou.shtml

国宝の宝庫!「清水寺」

本堂だけではなく、境内も国宝に指定されている珍しいお寺。本堂は「清水の舞台」とも呼ばれ、最長12メートルに及ぶ欅の柱で支えられている。せり出すように造られた舞台からは、京都の町並みや四季折々の美しい風景を一望できる。

アクセス: 京都駅からバス、五条坂下車後徒歩10分
http://www.kiyomizudera.or.jp/

15代将軍・慶喜が大政奉還を行った「二条城」

豪華な唐門をくぐると、すぐ目の前に現れる国宝・二の丸御殿。玄関に当たる車寄から、大名の控え室にあたる遠侍の間、老中の間とも言われる式台の間、大広間、黒書院、将軍がプライベートを過ごしたと言われる白書院などがある。まさに徳川幕府の権威を思わせる豪華な空間は見応えたっぷり。

アクセス: 二条城前駅すぐ
https://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

華麗な桃山文化を今に伝える「西本願寺」

日本最古の能舞台となる北能舞台、日本最大の大書院、伏見城の遺構と言われる唐門など、多数の桃山時代の建築物を見ることができる。平安時代末期の装飾写本「三十六人家集」も所蔵している。

アクセス: 京都駅から徒歩約15分
http://www.hongwanji.or.jp/

2014年に平成知新館もオープン!「京都国立博物館」

平安時代から江戸時代にかけて、古都京都の文化財を保存・展示するとともに、研究活動も行っている。その数、国宝、重要文化財合わせて5,000点以上。年に数回行われる特別展は長蛇の行列ができることも。

アクセス: 七条駅から徒歩7分
http://www.kyohaku.go.jp/jp/

スポンサーリンク

世界遺産に登録されている足利義満ゆかりのお寺「金閣寺」

室町時代を代表する北山文化を形成した足利義満の山荘として造られたが、死後は鹿苑寺となった経緯を持つ。金箔を貼った3層の楼閣建築と池泉回遊式庭園のコントラストが格別に美しい。

アクセス: 市バス金閣寺道下車徒歩約3分、金閣寺前下車徒歩約1分
http://www.shokoku-ji.or.jp/kinkakuji/

枯山水の石庭が有名な「龍安寺」

室町時代に細川勝元によって創建されたお寺。白砂が広がる石庭に、大小15個の石が並んでいる。その意図は「虎の子渡しの庭」と言われているが、その真意は解明されていない。

アクセス: 龍安寺道駅から徒歩7分
http://www.ryoanji.jp/smph/

平安時代の陰陽師・安倍晴明を祀る神社「晴明神社」

魔除け・厄除けなどにご利益があると言われており、境内に社紋の五芒星が多数見受けられる。特に鳥居に社紋が入っているものは、全国的にも珍しい。境内には、安倍晴明が念力によって湧き水をもたらしたと伝わる晴明井、陰陽道では魔除けのシンボルと伝わる厄除桃などがある。

アクセス: 市バス一条戻橋・晴明神社前下車徒歩約2分
http://www.seimeijinja.jp/

京都でもっとも古い社「賀茂御祖神社(下鴨神社)」

国史跡「糺の森」の広い境内には、国宝の本殿や53棟の重要文化財が建ち並ぶ。七不思議が伝えられており、その諸説を探ってみることもおすすめ。

アクセス: 出町柳駅下車後、徒歩約10分
http://www.shimogamo-jinja.or.jp

学問の神様「菅原道真」を祀る神社「北野天満宮」

全国に約一万社鎮座する天神社・天満宮の総本社。平安時代に政治家・学者として活躍した菅原道真を祀っている。道真が好きだった梅が境内にたくさん植えられており、早春には梅の名所として、全国から多くの人が訪れる。

アクセス: 白梅町駅から徒歩5分
http://kitanotenmangu.or.jp/

スポンサーリンク

今回ご紹介したスポットは、京都の歴史や文化を伝える観光地としてはもちろん、四季折々の風景を楽しめる場所もあります。季節ごとに異なる表情を見せてくれることも、古都の魅力の一つ。イベントや行事などに注目をして足を運んでみることもおすすめです。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ