卒業旅行は沖縄へ!おすすめのイベント・体験・観光地8選

那覇桜まつり

卒業旅行は沖縄に行きたい!と考えている人も多いことでしょう。しかし海開きがされていない時期は、どのように楽しめるのか迷っている人も多いはず!そこで今回は2月、3月でも楽しめるおすすめの観光地やイベントを8つご紹介。新生活にも備えられるスポットも交えながら、ご案内していきます。


スポンサーリンク

本島よりも一足早く桜を鑑賞できる!「なはさくらまつり」

温暖な沖縄では1月~2月にかけて各地で桜を咲き始め、桜まつりが開催される。中心部の与儀公園では、毎年2月半ばに「なはさくらまつり」が行われる。本島より一足早く鑑賞できることは、沖縄ならではの魅力!この期間中は、園芸販売、沖縄民謡などのイベント、沖縄そばなどの販売もある。

アクセス: 那覇空港から車で15分
http://www.okinavita.jp/?module=CMS&page_id=277

まるでそこはアメリカ!「美浜アメリカンビレッジ」

夜もわいわい楽しみたい!そんなリクエストを叶えてくれるのがここ美浜アメリカンビレッジ。アメリカ西海岸風の町並みが再現されており、ショッピング、グルメ、映画、ホテルなどがある。さらに観覧車やすぐ目の前には夕陽が美しいサンセットビーチもある。音楽イベントなども定期的に開催されているので盛り上がること間違いなし!

アクセス: 那覇空港から車で40分
http://www.okinawa-americanvillage.com/

甘酸っぱいイチゴをたくさん食べたい!「宜野座村でいちご狩り体験」

宜野座村では2月上旬からイチゴ狩りを楽しめる。場所はぎのざストロベリーファームズ、石川いちご園、宜野座村農業後継者等育成センター。ぎのざストロベリーファームズでは、人気のさちのかの品種のイチゴが味わえる。甘酸っぱさと酸味のほどよいバランスがたまらないおいしさ!

アクセス: 宜野座ICから車で5分
http://ginoza-ichigo.net/index.html

自然豊かな牧場で過ごすひととき!「きゆな牧場」

この牧場では主に3つのプログラムがあり、乳搾り体験+バター作り体験、酪農視察案内 +文化鑑賞または体験、手作りパン作り又は乳どうふ作りなどがあり、それぞれ1000~1200円。ワイワイと仲間たちと楽しめるのが嬉しい!

アクセス: 沖縄自動車道許田ICから約30分
http://green.vill.ogimi.okinawa.jp/green/green/kiyuna.html

スポンサーリンク

新生活のスタートの前に、願いを叶えてくれる木に参拝!「首里金城の大アカギ」

琉球王国時代からただならぬ気配を感じるスポットとして知られている。日本の道100選にも選ばれている石畳道を曲がった先に位置している。6本のアカギの大木が立ち、木の幹には祠があり、参拝に来る人が絶えない。近年は願いを叶えてくれるパワースポットとしても注目されており、新しいスタートを迎える前に参拝すれば、よいことがあるかも!

アクセス: 首里駅から徒歩15分
http://www.goyah.net/okinawa_kankou/south/view/ooakagi.html

やっぱり見たい!透き通るような海を一望できる「古宇利大橋」

今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ、全長1930メートルの橋。この橋から見える海は、まるで海外のビーチのように透き通っている。本島随一ともいわれる美しい海は、旅行の忘れられない思い出になりそう!

アクセス: 沖縄自動車道許田ICから約40分
http://kourijima.info/

通年を通して楽しめる「マングローブカヤック」

沖縄本島北部の「やんばるクラブ」では、マングローブの森でカヤックを楽しめるアクティビティが人気。やんばるの大自然と向き合う時間は、非日常を感じられる瞬間。さらにアクティブに楽しみたい人は、マングローブカヤックに続いてシーカヤックも楽しめる4時半のコースもある。

アクセス: 沖縄自動車道許田ICから約40分
http://www.yanbaru-club.com/canoe/

新社会人の生活に必要なものはここで買おう!「Tギャラリア沖縄 by DFS」

2014年にオープンし、国内唯一の路面型の免税店。敷地面積は1万平方メートル以上にも及び、130以上のブランドを取り扱う。県外からの旅行者はパスポートがなくても航空チケットを提示すればOK。リーズナブルな価格で新生活に必要なものを揃えてみては!?

アクセス: おもろまち駅すぐ
https://www.dfs.com/jp/tgalleria-okinawa/our-stores/okinawa-store/okinawa

スポンサーリンク

今回ご紹介した内容は、ややマイナーなところも含まれていますが、その分混雑を避けて楽しめることも魅力の一つ。無料で楽しめるところも多いので、お財布に優しく旅を満喫できることでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ