高山に行ったら絶対行きたい!おすすめの観光スポット10選

城下町の古い町並み

岐阜県の高山は山間に佇むエリア。飛騨の歴史、文化、自然を楽しめるスポットが数多く点在しています。今回は飛騨の魅力を発見できる、おすすめの観光スポットを10カ所ご案内していきます。


スポンサーリンク

往時にタイムスリップ!「城下町の古い町並み」

江戸時代以降の城下町として発展を遂げてきた屋敷が残されており、クラシカルな町歩きを楽しめる。地酒や朴葉味噌など地元の特産品を売るお店、食べ歩きなどもおすすめ。

アクセス: 高山駅から徒歩12分
http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000575/2000576/2000868.html

昔の役所「高山陣屋」

陣屋とは江戸幕府が飛騨を直轄として管理するため、郡代・代官が治政を行った場所。幕末時代には全国で60カ所以上あったと言われているが、郡代・代官所の建物が残っているのは、全国でもここのみ。内部は資料館となっており、当時の様子を知ることができる。

アクセス: 高山駅から徒歩10分
http://www.kankou-gifu.jp/spot/1242/

戦後の物々交換からスタートした「宮川朝市」

町の南北に流れる宮川沿いで、朝6時半~12時(季節によって変動あり)の間、毎朝行われる朝市。野菜、果物、味噌、花などの他、お土産に最適な民芸品なども販売されている。地元の人たちとの触れ合いも楽しいひととき。

アクセス: 高山駅から徒歩10分
http://www.asaichi.net/

日本一高い場所にある鍾乳洞「飛騨大鍾乳洞」

1965年に大橋外吉によって発見された、標高900メートルにある鍾乳洞。一般に公開されているのは約800メートル。内部はライトアップされており神秘的な雰囲気に包まれている。ヘリクタイトと呼ばれる鍾乳石は、日本でここだけに見ることができる。

アクセス: 高山ICから車で約20分
http://www.syonyudo.com/

飛騨の昔の生活について学ぶ「飛騨の里」

合掌造りをはじめとする30数棟の建物が並び、昔の農村の生活を体験できる施設。体験コーナーも充実しており、わら細工、さしこ細工、せんべい焼き、絵付け体験などを楽しめる。

アクセス: 高山駅から濃飛バス飛騨の里行きで12分、飛騨の里下車すぐ
http://giftgift.sakura.ne.jp/03miru/hidanosato.html

スポンサーリンク

標高1,200メートルの自然美を満喫できる「宇津江四十八滝」

滝上川を源として流れ出る滝で、急な谷あいに佇む大小様々な滝の総称をさす。展望台からの景色は格別に美しく、秋には紅葉の名所としても知られている。

アクセス: 飛騨国府駅もしくは飛騨古川駅からタクシーで約10分
http://www.kankou-gifu.jp/spot/1237/

リスと山野草に触れる「リスの森・飛騨山野草自然庭園」

シマリスやエゾリスなどのかわいらしいリスに出会えるファミリー層に人気のスポット。100円でひまわりの種やピーナッツを購入でき、えさやり体験を楽しめる。約200種類の山野草があり、子ども学習体験にも最適。

アクセス: 高山駅から車で20分
http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000575/2000576/2000903.html

高山祭りの屋台を見学できる「高山祭屋台会館」

毎年10月9日と10日に行われる高山祭で使われる11台の屋台を見学できる。年に3回入れ替えされており、飛騨の匠の技術を間近で見学できる。お祭りに足を運べない人も、その見応えを肌で感じることができる。

アクセス: 高山駅から徒歩20分
http://www.hidahachimangu.jp/yataikaikan/welcome.html

飛騨エリアのシンボル「宮川中橋」

本町一丁目と上三之町を結ぶ飛騨エリアを代表する赤い橋。春には桜、夏に新緑、秋の紅葉、冬の銀世界と、橋とコラボレーションした風情溢れる風景を楽しめる。

アクセス: 高山駅から徒歩12分
http://www.kankou-gifu.jp/spot/3381/

洗練された雰囲気が魅力的!ガラス工芸品を中心とした「飛騨高山美術館」

16~20世紀のアールヌーヴォーやアールデコのガラス工芸品を中心に展示している美術館。家具や照明器具なども多く、思わずインテリアに取り入れたくなってしまいそうなディスプレイを楽しめる。併設されているカフェ「ザ・ マッキントッシュ・ティールーム」では、北アルプスの山を一望しながら、スイーツを味わえる。

アクセス: 高山駅からバス、飛騨の里行き10分、飛騨高山美術館前下車すぐ
http://www.htm-museum.co.jp/

スポンサーリンク

今回ご紹介したスポットは、定番から穴場まで、バライティ豊かな場所をチョイスしてみました。雨の日でも楽しめるスポットも多いので、天候が悪い日は屋内施設に注目してみれば、飛騨の魅力を見つけることができることでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ