2016年・東京の夏祭り!花火大会の見どころ穴場スポット

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

いよいよ夏が到来!夏の楽しみといえば、各地で開催される夏のお祭り、花火大会をあげる人も多いことでしょう。そこで今回は、2016年の東京で楽しめる花火大会を8つピックアップしてみました。見どころや穴場スポットなどの情報とともにご案内していきます。


スポンサーリンク

東京三大花火大会の一つ「板橋花火大会」

関東最長級の700メートルの大ナイアガラ、スターマインなど約12,000発の大規模な花火大会。全10タイプの有料観覧席(6月25日から一般販売)があり、間近で迫力満点の花火を楽しめる。高島平駅に近い野草広場は、会場からやや離れているが混雑を避けられる穴場スポット。

日程: 2016年8月6日(土)
アクセス: 高島平駅、西台駅、蓮根駅、浮間舟渡駅から徒歩20分
http://itabashihanabi.jp/

歴史ある花火大会「第68回青梅市納涼花火大会」

おすすめは有料席限定となるが、「永山大照明」と呼ばれる音楽と光がコラボレーションした花火大会。その他直径400メートルの大輪の花を咲く尺5寸玉など、約3,300発の花火を満喫できる。こちらの花火大会の会場は青梅市永山公園グランド。

日程: 2016年8月上旬
アクセス: 青梅駅から徒歩10分
http://www.omekanko.gr.jp/main/index.php

都会で楽しめる花火大会「神宮外苑花火大会」

とにかく利用できる駅が多いアクセス抜群の花火大会。秩父宮ラグビー場、神宮軟式球場、東京体育館敷地内に有料席が設けられるので、ゆっくりと鑑賞したい人には特におすすめ。12,000発の花火が打ち上げられ、神宮球場では渡辺美里さんライブも開催予定。

日程: 2016年8月20日(土)
アクセス: 千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅、外苑前駅、青山一丁目駅、国立競技場駅からすぐ
http://www.jinguhanabi.com/about/

地元の人に愛される花火大会「第50回葛飾納涼花火大会」

ローカルな人から愛される花火大会で、約15,000発の花火を楽しむことができる。全席指定の有料席のほか、松戸市側にあるゴルフ場が当日開放されるので、ゆっくり鑑賞できる穴場スポット。

日程: 2016年7月26日(火)
アクセス: 京成柴又駅から徒歩10分
http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/1011010.html

スポンサーリンク

3つの会場がある!「調布市花火大会」

音楽と花火がコラボした「ハナビリュージョン」が見どころで、約8,000発が打ち上げられる。この花火大会も有料席の設定があり、電通大グランド会場の自由席は、一人2,000円とリーズナブルな料金でゆったり鑑賞できる!

日程: 2016年8月21日(日)
アクセス: 京王線調布駅・国領駅から徒歩20分(布田・国領会場)、京王線調布駅から徒歩20分(京王多摩川会場)、京王線調布駅・国領駅から徒歩10分(電通大グランド会場)
http://hanabi.csa.gr.jp/

屋形船から鑑賞できる!「第38回 足立の花火」

荒川沿いに複数の会場があり、芝生に寝そべりながら花火を鑑賞できる優雅な楽しみ方ができる花火大会。比較的混雑が緩和されているのが梅島・西新井会場。当日は大会に合わせて屋形船も運航されるが、毎年人気なので早めの予約がおすすめ。

日程: 2016年7月23日(土)
アクセス: 北千住駅から徒歩15分、小菅駅、五反野駅、梅島駅か徒歩15分、日暮里・舎人ライナー足立小台駅から徒歩25分
http://hanabi.adachikanko.net/38hanabi/

見応えのある花火大会「八王子花火大会」

スターマインやから、ラストを飾る仕掛け花火までおよそ3,500発が打ち上げられる。八王子市富士森公園がメイン会場となるが、少しでも混雑を避けたい人は近くの浅間神社や市民体育館分館駐車場などもおすすめ。

アクセス: 西八王子駅から徒歩15分、京王高尾線山田駅から徒歩15分
日程: 2016年7月30日(土)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kanko/event/027132.html

広々とした敷地が魅力的!「立川まつり 国営昭和記念公園花火大会」

大人気の「ミツバチが舞う霞草TACHIKAWA MISTY!!」からスタートし、特大スターマイン、職人技を楽しめる花火など、見応えのある花火が多数打ち上げられる。この花火大会の有料席は1名様用イス席チケット3,000円~と比較的リーズナブルな料金設定となっている。

アクセス: 立川駅から徒歩15分
日程: 2016年7月30日(土)
http://tachikawa-hanabi.com/

スポンサーリンク

2016年の東京の夏のお祭り・花火大会は、その多くが有料席が設けられています。発売と同時にすぐに完売になってしまうこともあるので、じっくり鑑賞したい人は早めの予約がおすすめです。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ