年末年始の海外ツアー!旅行のコストを抑える裏技10カ条

周遊パス

年末年始の海外ツアーは料金が高いというイメージがありますが、ちょっとした裏技を使ってみれば、旅行のコストを抑えることができます。今回は予約から現地で使える裏技まで、妥協せずに賢く旅行のコストを抑える方法をご案内していきます。


スポンサーリンク

航空券とホテルを別々に手配する!

パッケージツアーは航空券とホテルを別に手配するよりも安いというイメージがあるが、実は年末などのピーク期は、行く方面によっては別々に手配をした方が安くなることがある。手間こそはかかるものの、トータルでパッケージツアーの3分の2程度の旅費で行けることも!?

早割を狙う!

旅行の計画はなるべく早めに立てて、早割のツアーに申し込みをしてみれば、1人あたり5,000円~10,000円ほど安くなることがある。ただしキャンセル料は高くつくことが多いので、スケジュールは確定していることが条件。

敢えて大手旅行代理店では申し込みをしない!

ネームバリューがある旅行代理店ではなく、中小企業の旅行代理店を利用してみることもおすすめ。広告費用や店舗を持たないなど経費をカットしている分、旅費が安くなることが多い。

直前の方が取れる!?

早く予約をしないと年末は売切れになってしまうことがほとんどであるが、飛行機の座席が最終調整に入る1週間前から5日前に、予約ができることがある。最後まで諦めないことも大切!

行きたいエリアの専門店で申し込みをする!

イタリア専門店、ハワイ専門店など、旅行代理店によってはそのエリアに特化している会社がある。このような会社は他の代理店よりも座席数の数やホテルなどの在庫を多く持っていることもあるので、他の会社では満席でも「専門店」では予約できることもある。

スポンサーリンク

空港からホテルまでの送迎はタクシーを利用する

ツアーでは空港からホテルまでの送迎付きがほとんどであるが、これを旅行代理店には頼まず、現地でタクシーを利用してみることもおすすめ。ただし治安が悪いところは事前手配の方が安心できることもあるので、現地の状況も踏まえてよく検討してみることがおすすめ。特にビーチリゾートなど比較的治安のよいエリアには有効的。

両替は現地でしよう!

両替は現地の空港、銀行などの方が、日本の銀行よりもレートがよいことがほとんど。特に私設の両替所では日本ではありえないようなレートで両替できる。ただし両替をしたらその場で相違がないかきちんと確認しよう。

オプショナルツアーは現地の会社を利用する

旅行の申し込みと一緒に予約できるオプショナルツアーは便利な反面、現地で申し込みをするよりも高いことが多い。現地に行ってから現地の会社で申し込みをした方が同じ内容でも費用が安いことが多い。ただし言語に自信がある人におすすめ。

周遊パスなどを活用する

地下鉄や鉄道などでは、旅行者用のフリーパスを販売していることがある。都市型の滞在などに有効的。

朝食なしプランにしてみる

ツアーで意外と高いのが朝食代金。料金が高い割には、あまり評判がよくないこともある。現地のコスパのよいレストランやカフェなどを利用して、おいしい朝食を見つけてみることもおすすめ。

今回ご紹介した方法は、うまく活用してみればトータルで数万以上カットできることもあります。裏ワザの中には少々手配に手間がかかるものはありますが、浮いたお金で現地でおいしいものを食べたり、買い物を楽しんだりすれば、より充実した旅行を楽しむことができるでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ