福岡から与論島へ家族で旅行!おすすめ観光スポットや行き方の解説

鹿児島県の離島・与論島は沖縄に近い場所にあり、珊瑚礁の美しい島として多くの観光客を魅了しています。人口は約6,000人で農業や観光産業が盛んな島として知られています。

また与論島は美しいビーチが島中に点在しており、マリンアクティビティを楽しむのにはもちろん、のんびりとした雰囲気はリゾート気分を満喫するのにもおすすめの島といえます。

そこで今回は、与論島のおすすめ観光と、福岡から与論島までの行き方についてまとめてみました。与論島は離島の中でも静かな雰囲気が感じられるからこそ、何もしない贅沢な時間を過ごすのにもおすすめです。行けば行くほどにその魅力を体感できる魅力的な与論島についての情報をまとめてみました。


スポンサーリンク

フェリーを利用する方法

与論島へのフェリーは、本土の鹿児島からマルエーフェリーマリックスラインの2社がそれぞれが毎日交互で運航しています。フェリーは鹿児島新港から出発するので、福岡からはまずここを目指す必要があります。

フェリーは与論島や奄美大島・徳之島・沖永良部などを経由していくので、景色を楽しむことができますが、その分、飛行機と比べると時間はかかりますのでゆったりした船旅を楽しみたい方にはおすすめです。

  • 福岡(博多)から鹿児島中央駅は特急で約1時間40分、高速バスで約4~5時間
  • 鹿児島中央駅から鹿児島新港まではタクシーで約10分、シャトルバスで約15分
  • 鹿児島新港 18:00発 → 与論島 翌13:40着

飛行機を利用する方法

鹿児島空港経由

福岡から飛行機を利用する場合は、福岡空港から与論島までは直行便が運行されていないので、まずは鹿児島空港を目指す必要があります。飛行機は日本エアコミューター (JAC)が毎日運行しています。

福岡空港から鹿児島空港とを結ぶ飛行機が運行されていますが、その場合与論島への乗り継ぎが同日にできない時間なので、鹿児島で1泊する必要があります。そのため鹿児島空港までは、福岡市内から特急でアクセスすることが一般的です。

  • 福岡(博多)から鹿児島中央駅は特急で約1時間40分、高速バスで約4~5時間
  • 鹿児島中央駅から鹿児島空港まではリムジンバスで約40分
  • 鹿児島空港 11:25発 → 与論島 12:45着

那覇空港経由

福岡からは奄美大島もしくは那覇の経由便にて与論島へのアクセスも可能です。ただしそれぞれ便数が限られているので、うまく乗継時間を計算して予約する必要があります。

モデルスケジュール

  1. 福岡空港 9:20発 → 那覇空港 11:10着/13:00発 → 与論島13:40着
  2. 福岡空港 9:55発 → 奄美大島 11:20着/13:10発 → 与論島13:55着

スポンサーリンク

与論島のおすすめ観光スポット

大金久海岸

約2キロにわたって美しいビーチが続く与論島最大のビーチ。白い砂浜が見事な景色を織り成しクリスタルビーチとも言われ、マリンアクティビティも充実。

アクセス:茶花港から車で約10分
http://www.churashima.net/shima/special/beach/islands/ooganeku/

ユンヌ楽園

5,000坪の広大な敷地の中に、約300種類を超える東南アジアの花や木々が咲き乱れる植物園。入園料は高校生以上400円,小中学生200円、年中無休。

アクセス:与論港・空港より車で10分
http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10305/

与論島海中公園

島全体が海中公園になっており、透明度の高いビーチは絶景そのもの。シュノーケリングスポットとしても人気が高く、カラフルな熱帯魚をたくさん見ることができる。

アクセス:茶花港から車で約30分
http://www.nihon-kankou.or.jp/kagoshima/465356/detail/46535ca2060007440

サザンクロスセンター

ヨロンの歴史、文化、特産品などの展示や紹介をしており、まさに与論島に関する知識を深めることができるスポット。最上階からは与論島や沖縄の北部「やんばる」、伊平屋島、伊是名島など、360度大パノラマの世界を楽しめる。

アクセス:茶花港から車で約15分
http://www.yorontou.info/hp/a0217/Profile/Pub/?AUNo=3100

与論城跡

15世紀頃に築かれた琉球王朝時代の城跡で、年に3回豊年祭(与論十五夜踊り)が開かれている。現在は石垣のみが残されているが、標高94メートルの高台からは島全体を見渡せるビュースポットにもなっている。

アクセス:与論港・空港より車で15分
http://www.yorontou.info/Profile/WebEki/Kanko.aspx?AUNo=12&PfNo=136&PfKbn=2

スポンサーリンク

福岡から与論島まではパッケージツアーなども出ています。飛行機やフェリーなどのチケットを手配する自信のない場合などには、うまく利用してみることもおすすめです。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ