邪念を祓って自分と向き合う!座禅の体験ができるスポット

洗心坐禅会

今回ご紹介するのは、座禅(坐禅)です。座禅とは仏教で正しい姿勢で座り、自分と向き合う精神統一を意味しています。今回はそんな体験を楽しめるスポットを5カ所ご案内します。非日常に身を置くことで、きっと見えてくるものや、心の整理がつくこともあることでしょう。瞑想にも通じる部分が多い、日本の座禅を体験してみましょう!


スポンサーリンク

無料で楽しめる!龍雲寺の「洗心座禅会」(東京)

予約不要で無料なので、気が向いたときに気軽に楽しめることが魅力的。全くの初心者でも分かりやすいように丁寧に教えてくれる。また座禅が組めない人には座禅椅子があるので安心。

開催日時: 毎週日曜(午前6時30分~8時30分)
料金: 無料
予約: 不要
アクセス: 学芸大学駅から徒歩15分、駒沢大学駅東口から徒歩15分
http://ryuun-ji.or.jp/event/regzen.html

北鎌倉のシンボル臨済宗大本山「円覚寺」で体験する!(神奈川)

土曜座禅会、日曜座禅会、暁天座禅会など、様々なタイプの座禅会がある。土曜座禅会は初心者と2回目と2つのコースに分かれている。日曜日の座禅会は説法も含まれているので、仏教に関する知識を深めることもできる。暁天座禅会は毎日朝6時~7時まで行われているので、鎌倉観光の前に足を運ぶこともできる。駅前なのでアクセスのよさも魅力的。

開催日時: 土曜座禅会(初心者の方は13時20分~14時20分、2回目以降の方は14時40分~15時40分)、日曜説教座禅会(毎月第1・第3・第5日曜日の8時~9時半)
料金: 無料(拝観料は別途必要)
予約: 不要
アクセス: 北鎌倉駅すぐ
http://www.engakuji.or.jp/

近年まで日本唯一の尼僧専門道場であった「圓光寺」で体験する!(京都)

座禅だけではなく、作務や法話といったプログラムも含まれている。作務とは「動中の工夫」と呼ばれ、ほうきなどで掃除をしたり、雑草などを抜いて自分の雑念を払拭するもの。法話では禅とは何か、僧侶が分かりやすく解説してくれる。さらに僧堂の朝食であるお粥を食べる時間も設けられている。これは修行の一つであり、食事中は音を立てたり、会話をすることはできない。お粥、たくあん、梅干しの質素な食事に感謝の念を込めていただくことが通例。

開催日時: 日曜日(午前6時~8時)
料金: 志納金あり(平均500~1000円)
予約: 前日までに必要
アクセス: 市バス(5系統)一乗寺下り松下車後徒歩10分、一乗寺駅下車徒歩15分
http://www.engakuji.or.jp/

スポンサーリンク

美しい庭園の拝観も楽しめる!「建仁寺塔頭 両足院」(京都)

座禅体験とともに楽しめる様々なコースが用意されている。一般的な座禅コースは、座禅と法話を聞くことができる。建物内からは美しい庭園を見ることができ、まさに京都らしい雰囲気を感じることができる。その他座禅とともに、朝粥、ヨガ、カラダの調整法や呼吸法などを学ぶ養生法、半日座禅体験など、様々なコースがある。

開催日時: コースによって異なるためHPで要確認
料金: 志納金1,000円(通常の座禅体験のみ)
予約: 前日までに必要
アクセス: 河原町駅から徒歩10分
http://www.ryosokuin.com/trial/index.html

自然豊かな環境で過ごす静寂なひととき「黒澤山 聞修院」(東京)

東京都青梅市にある、自然豊かな佇まいの中に位置している。時には山寺コンサートなどのイベントも開催されている。四季折々の植物を楽しむことができ、美しい風景は郊外ならではの醍醐味。座禅のモットーは「ただ坐る」というとてもシンプルなスタイル。自分らしくいられる瞬間を大切にしながら、瞑想をしたり、時には眠ってしまったり、朝の澄んだ空気を感じたり・・・それぞれの想いを大事にすることに重きを置いている。終わった後は、朝粥を食べて、参加した人たちと会話を楽しむアットホームな雰囲気も魅力的。

開催日時: 毎日曜日(午前6時10分~50分)
料金: 不要
予約: 必要
アクセス: 青梅駅から徒歩30分
http://www.monsyuin.org/

スポンサーリンク

座禅体験は朝早いことが基本となります。基本的に遅刻は入場できないことが多いので、時間には余裕を持って訪れるようにすることがおすすめです。

USJ×AMEXがついに提携!アメックスカードの驚きの優待サービスとは?





\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ