山梨のお花見おすすめ観光スポットと2017見頃|桜と富士山を満喫!

山梨県でお花見観光をするなら、富士山と桜を一緒に見られるスポットに行きたいですね!山梨では富士山富士五湖新倉山浅間公園など自然豊かで全国的にも有名な観光地があり、各地に温泉宿や日帰り温泉など温泉施設がありますのでお花見ついでに、観光旅行をするのもおすすめです。

山梨には全国から花見に来られる有名な桜や、日本さくら名所100選に選ばれている公園、世界遺産・富士山の構成資産の一部である忍野八海など見どころも盛り沢山です。

桜の開花シーズンはもう間近。富士山の周辺できれいな桜が見られるおすすめのお花見観光スポットをご紹介します。


スポンサーリンク

1本だけ咲き誇る「わに塚のサクラ」

田園風景の中に1本だけ咲き誇る、樹齢約320年のエドヒガンザクラ。幹周り3.6メートル、樹高17メートルの大きさで市の指定天然記念物に登録されている。わに塚の桜と一緒に八ヶ岳や茅が丘などの風景を一望でき、写真スポットにも最適。

例年の見頃: 4月上旬
アクセス: 韮崎駅からバス10分、武田八幡入口下車後徒歩5分
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4881.html

日本最古・最大の「山高神代桜」

日本初の木の天然記念物で、種類はエドヒガンザクラ。推定樹齢約2000年、樹高約10.3メートル、根回り約11.8メートルとまさに迫力満点。全国から花見客が訪れる人気のスポット。

例年の見頃: 4月上旬
アクセス: 日野春駅から車で約15分
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_5034.html

富士山と桜が一緒に見られるスポットとして有名「興徳寺」

富士山と桜が一緒に見られるスポットとして有名な興徳寺には、シダレザクラとソメイヨシノがあり、シダレザクラの背景には富士山が見られる。桜の満開シーズンを狙って、多くの写真家が訪れる。また4月上旬には、お釈迦様の生誕をお祝いするお花まつりが開催される。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 新東名新富士ICから35分、東名富士ICから40分
http://kotokuji.jp/

スポンサーリンク

日本さくら名所100選に選定されている「大法師公園」

富士山を背景に、ソメイヨシノを中心にサトザクラ、シダレザクラなど約2,000本の桜を見ることができる。開花に合わせて大法師さくら祭りが10日間ほど開催される。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 鰍沢口駅からタクシーで10分
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4257.html

日本らしい絶景を満喫!「新倉山浅間公園」

本殿近くにある398段の咲くや姫階段を登りきった浅倉山中腹にあるさくらの名所。富士山五重塔という日本らしい絶景が満喫できるとあって、外国人観光客にも人気のおすすめお花見スポット

例年の見頃: 4月中旬
アクセス: 中央自動車道河口湖ICから車で10分
https://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/

世界遺産から望む富士山と桜の絶景「忍野八海」

世界遺産・富士山の構成資産の一部として認定された忍野八海。近くにある新名庄川沿いには、ソメイヨシノが約400メートルほど並ぶ。またお宮橋は、富士山が美しく見えるスポットとして人気で、散策しながら桜を満喫できる。

例年の見頃: 4月中旬~4月下旬
アクセス: 東富士五胡道路 山中湖ICから車で15分
http://www.vill.oshino.yamanashi.jp/

スポンサーリンク

山梨県のお花見スポットは、やや交通が不便なところもあるので、ツアーなどをうまく活用してみることもおすすめ。富士山、武田神社、浅間神社などと桜の日本らしい風景を楽しめることは、何よりの魅力といえるでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ