九州でランキング上位に入る温泉街は?おすすめの温泉宿をご紹介します

由布院温泉

九州にはその自然豊かな大地故に、泉質、湯量、風景など、個性的な名湯がバラエティ豊かに揃っています。今回はそんな数ある人気の温泉の中でも常にランキング上位に入る特別な温泉を10カ所ご紹介します。


スポンサーリンク

佐賀県随一の人気を誇る「嬉野温泉」(佐賀県)

「日本三大美肌の湯」とも言われ、肌がきれいになると評判。また是非楽しみたいのが、名物温泉湯豆腐で、これは温泉水と豆腐が見事のコラボレーションした栄養価の高いフード。温泉水で豆腐をじっくりと煮込んだトロトロとした味わいが人気。

アクセス: 長崎自動車道嬉野ICより約5分、武雄温泉駅からバス約30分

日本一の源泉数と湧出量が自慢の「別府温泉」(大分県)

源泉によって泉質が異なるため、バリエーション豊富な湯を楽しめる。地獄めぐりが有名で、赤やコバルトブルーなどの個性的な色合いもユニーク。

アクセス: 大分自動車道別府ICより約5分、別府温泉駅からバスで約20分

湯けむり包まれた情緒溢れる光景が見事な「雲仙温泉」(長崎県)

硫黄を含んだ強い酸性泉がその特徴で、湯治にもおすすめ。古湯と新湯がモクモクと立ち込め、温泉余土の白い土で覆われた雲仙地獄とよばれるスポットを楽しめる。

アクセス: 長崎自動車道諫早ICより約60分、諫早駅からバスで1時間20分

ミシュラングリーンガイドジャポンに掲載された「黒川温泉」(熊本県)

阿蘇の自然豊かな観光に佇む名湯。川沿いに和風旅館が建ち並び、昔ながらのレトロな雰囲気が漂う。手形を購入すれば、旅館宿の湯めぐりも楽しめる。

アクセス: 大分自動車道日田ICより約60分

砂蒸し温泉が名物「指宿温泉」(鹿児島県)

砂に埋まって身体の芯まで温まる砂蒸し温泉が有名。血行の流れを良くしてくれ、老廃物の排出にも効果が期待できる。

アクセス: 鹿児島中央駅から約1時間40分

スポンサーリンク

山間に場所に佇む「霧島温泉」(鹿児島県)

鹿児島空港と市内に近いので、アクセス抜群。天孫降臨伝説が伝わる霧島山の山麓にある名湯で、様々な泉質を楽しめ、のんびりとした雰囲気が人気。

アクセス: 鹿児島空港より車で約30分

由布岳からの湯量が豊富な「由布院温泉」(大分県)

全国から人気を集める言わずと知れた名湯。大型ホテルが少なく、一軒宿なども多いため、ゆっくりとした時間を過ごせる。

アクセス: 大分駅から特急で1時間、由布院駅下車すぐ

陶芸の町が誇る「武雄温泉」(佐賀県)

「肥前風土記」にも記され、1,300年の歴史を誇る。そのシンボル武雄温泉新館は国の重要文化財に指定されている。弱アルカリ単純泉保温性で肌をつるつるにしてくれる効果がある。

アクセス: 長崎自動車道武雄北方ICから5分、武雄温泉駅下車徒歩10分

風光明媚な町に佇む「平戸温泉」(長崎県)

平戸はオランダ貿易の拠点として栄えた町。海が近く、町中には歴史的建築物も多く、景色を楽しみながら湯に浸かることができる。

アクセス: 佐世保駅より西肥バスで約1時間20分

多くの文人が愛した名湯「人吉温泉」(熊本県)

日本三大急流の一つ、「球磨川」沿いに旅館が並ぶ。共同浴場も多く、日帰りでも楽しめるスポットが充実。球磨川で楽しむウォーターシュートも人気。

アクセス: 九州自動車道人吉IC より約10分、肥薩線人吉駅より車で約10分

スポンサーリンク

今回ご紹介したスポットは、山間の中に位置しているところも多いので、レンタカーがあった方が便利にアクセスできます。そのちょっとした不便さも、自然豊かな環境の中にある名湯に出会うことができる、秘訣とも言えるでしょう。

九州のその他の温泉記事もご覧ください。



\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ