食べ放題がうれしい!東京都内のホテルにあるスイーツ・ケーキバイキング4選

ウェスティンホテル東京

自分へのご褒美や特別なひとときを過ごしたいときに、ついつい訪れたくなってしまうビュッフェ。

今回はエレガントな時間を過ごすのに最適な東京のホテルのスイーツバイキングをご紹介。

それぞれの魅力やイベントなどを交えながらご案内していきます。


スポンサーリンク

ホテルニューオータニ東京の「ガーデンラウンジ」

ホテルニューオータニ東京のティー&カクテルガーデンラウンジは、美しい日本庭園を一望できる優雅なひとときを過ごすことができるラウンジ。約1万坪にも及ぶ、広大なガーデンには、四季折々の植物が咲き乱れ、四季の移ろいを楽しむことができる。

シェフでパティシエの中島眞介氏がプロデュースするスイーツに加え、サンドイッチなどの軽食類も充実。見た目がとてもキュートなスイーツが揃っており、フルーツジュレやフルーツカクテルなど定番のケーキ以外の種類も豊富。おすすめはホテルニューオータニ特製クラシックポークカツサンド。大きめのカツがしっかりと焼かれたトーストにサンドされており、ボリューム満点。その他にも今話題のエッグベネディクトやグラタン、パスタなどもある。

予約はできないため、開店と同時に足を運ぶことがおすすめ。料金は平日3,300円、土日祝3,700円で、時間は90分。

アクセス: 赤坂見附駅より徒歩3分

ヒルトンホテル東京の「マーブルラウンジ」

14時半~17時半にデザートビュツフェを開催。店内は絵画や重厚感溢れるアンティークなどが置かれ、高級感たっぷりの雰囲気。シーズンごとに異なるテーマのビュッフェを楽しめる。超人気のストロベリーフェア、桃やメロンの夏限定フルーツフェア、ハロウィンやクリスマスなどのイベントも見逃せない。

30種類以上のバライティ豊かなメニューが揃い、マカロン、チョコレートファウンテン、フィナンシェ、マドレーヌなどケーキ以外のスイーツも充実。

大人3,600円、子ども2,200円で時間制限なし。

アクセス: 新宿駅西口より、無料シャトルバス10分

スポンサーリンク

ウェスティンホテル東京の「ザ・テラス」

天井が高く開放的な雰囲気のある店内はヨーロピアン調で、海外に足を踏み入れたような雰囲気。鈴木一夫エグゼクティブペストリーシェフがプロデュースする、一つ一つ丁寧に作られているスイーツを楽しめる。

特製スフレ、チョコレートケーキ、チーズケーキ、焼き菓子などの定番の他、季節の限定のスイーツの種類が充実している。コーヒーや紅茶はおかわり自由。その他にもミニサンドイッチ、フライドチキン、パスタ、サラダバー、スープなども充実。

平日限定の15時~17時、大人3,800円、子ども1,900円で予約も可能。

アクセス: 恵比寿駅から徒歩7分

インターコンチネンタルホテル東京の「シェフズ ライブ キッチン」

レインボーブリッジを一望できる、オープンキッチンスタイルの開放的なレストラン。デザート&ライトミールブッフェを開催しており、約60種類のデザートとライトミールを楽しめる。

ケーキ以外にも、グラススイーツ、マカロン、焼き菓子、タピオカココナッツミルクなどが充実。ライトメニューには、ジンギスカンやブイヤベース、ローストビーフ丼、季節の魚料理など豪華な食材を使ったメニューも好評で、遅めのランチにも利用できる。

時間は105分制で、平日は大人3,132円、土日祝は大人3,325円

アクセス: 浜松町駅から徒歩8分

スポンサーリンク

今回ご紹介した東京都内のホテルにあるおすすめのスイーツ・ケーキバイキングは、デザートやケーキだけではなく、ランチやディナーにも利用できるクオリティの高いメニューが豊富に揃っています。少し遅めのランチや早めのディナーにも利用してみることもおすすめです。

その他の東京のグルメの関連記事もご覧ください。








USJ×AMEXがついに提携!アメックスカードの驚きの優待サービスとは?





\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ