六本木のランチはこれがおすすめ!ミシュラン獲得店・寿司・フレンチも

御曹司 松六家

六本木といえば、夜の飲食店はちょっぴり高いイメージがありなかなか敷居が高いと考えている人も多いことでしょう。

そんな時におすすめなのが、六本木ランチ。あの名店やレストランがリーズナブルな料金で利用できるので、気軽に足を運びやすことは何よりの魅力といえます。

今回は1,000円前後のリーズナブルなランチから、5,000円前後のプチ贅沢を楽しめるランチまで、おすすめの六本木でランチが楽しめるお店を厳選してみました。ミシュランを獲得した名店も含め、フレンチ、イタリアン、お寿司、日本料理、多国籍料理まで、幅広いジャンルでご紹介していきます。

ぜひ予算や雰囲気などから自分にぴったりの六本木のランチスポットを見つけて、プチ贅沢を楽しんでみませんか?


スポンサーリンク

ミシュランガイド一つ星獲得!プチ贅沢ランチなら「レストラン リューズ」

厳選された旬な食材を使い、常連客も多いお洒落なレストラン。ランチは前菜・メイン・デザートのコースが3,600円、前菜2皿・魚料理・肉料理・デザートのコースが5,800円、旬の素材を活かしたシェフのお任せコースが8,400円の3コース。

アクセス: 六本木駅から徒歩3分、乃木坂駅から徒歩10分

おいしいフレンチを食べるならここ!「ル・ブルギニオ」

六本木の中心部から離れた静かな場所に位置しており、一軒家で味わえるフレンチレストラン。フランス・ブルゴーニュの雰囲気に包まれており、まるで別世界に足を踏み入れたかのよう!

20席ほどの小さなお店だが、それもまたお家に招かれたような気分になれる!ランチは2種類で前菜・メイン・デザート・コーヒー2,500円、前菜・魚料理・肉料理・デザート・コーヒー4,500円。

http://le-bourguignon.jp/

高級感溢れる和の空間でランチ!「御曹司 松六家」

全室個室の高級感があり、落ち着いた六本木ランチを楽しみたいときにおすすめ。おすすめはランチ名物の「黒毛和牛のひつまぶし御膳」で税込1,500円。A5ランクの黒毛和牛をたっぷり使った絶品メニュー。

アクセス: 六本木駅から徒歩1分

ランチなら高級寿司がお得な値段で食べられる!「匠 村瀬」

店内はコの字型のカウンターがある小さな空間だが、職人技をしっかりと見ることができる贅沢な造り。ランチは3,000円の握りコース、ばらちらし2,000円とそのおいしさと立地と考えるとコスパが抜群!六本木ランチで気軽にプチ贅沢を楽しめるのがうれしい!

アクセス: 六本木駅から徒歩5分
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13174475/

スポンサーリンク

太陽の光が差し込む空間で楽しむ六本木ランチ「トルナヴェント」

北イタリアのピエモンテの風が吹き抜ける、おいしいイタリアンが評判のレストラン。ランチは2種類のコースがり、前菜・パスタ(2種類)・メイン(肉or魚)・ドルチェ・カフェの3800円コースのほか、ワンランク上のシェフお任せコース6800円もおすすめ。

アクセス: 六本木駅から徒歩7分、広尾駅から徒歩7分

メニューの選択肢が豊富!カジュアルにお洒落に「ROTI」

お洒落でインターナショナルな雰囲気に包まれながらも、カジュアルにランチできるのが魅力的。ロコモコ、ハンバーガー、ステーキ、グリル料理などメニューの数が充実しており、ボリュームも満点。平均予算は1,500円前後。

アクセス: 六本木駅から徒歩5分

1978年創業!六本木ランチで隠れ家を楽しむ!「オー・シザーブル」

オー・シザーブルとは、フランス語で六本の木の元という意味を持ち、六本木の隠れ家的なフランス料理レストラン。重厚感溢れる店内には、季節のお花がいっぱい!ランチセットは 3,600円~4,900円。

アクセス: 六本木駅から徒歩5分

パリの一角ブラッセリーをイメージしたカフェ「ブラッセリーヴァトゥ(Brasserie Va‐tout)」

フランスの家庭料理や伝統料理を楽しめ、リーズナブルな料金が魅力的。平日ランチは、日替わりランチ(パン付)1,000円。魚、肉、ラザニア、野菜の4種類からチョイス可能。週末だけの4種盛り合わせワンプレートランチは2,000円。ランチドリンクは追加250円でアルコールを含む17種類からチョイスできる!ムードある六本木ランチを楽しみたいなら、テラス席もおすすめ。

アクセス: 六本木駅・六本木一丁目駅から徒歩7分

スポンサーリンク

六本木ランチをゆっくりとした雰囲気を楽しみたい場合には、駅から少し離れた場所を選んでみることもおすすめです。メイン通りから一本入った路地裏などのお店を探してみれば、都会の喧騒を忘れて落ち着いた雰囲気の中でランチを楽しめることでしょう。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ