【マツコ絶賛】マツコの知らない世界で紹介された東京のオムライス店

たいめいけん

東京には次々と新たなお店がオープンする中、創業当時と変わらぬおいしさを守り続けている昔懐かしいお店も、実はたくさんあるものです。2016/5/24(火)放送の「マツコの知らない世界」でも東京都内のオムライス店が紹介され、マツコさんもなつかしい味に絶賛!あのマツコさんがおいしいって言うオムライスなら、一度試してみたくないですか?

今回は、マツコの知らない世界で紹介されたオムライス屋さんも含めて、他のお店もピックアップしてみました。そのおいしさの秘訣とともにご案内します。


スポンサーリンク

マツコも完璧と表現した昭和の香り漂うオムライス「はやしや」

創業67年という老舗レストランは、新宿歌舞伎町にある昭和の香り漂うレストラン「はやしや」。マツコが「完璧!」と表現したこちらのオムライスは、690円とお値段もびっくり!卵を2個使い、表面に少し焦げ目を付けるのがはやしや流オムライス。

アクセス: 新宿駅から徒歩1分
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13077952/

マツコも2日に1度は行きたくなる名店。「キッチンマカベ」

人気のオム・コロは、懐かしい味のオムライスにクリームコロッケ2つとサラダ、スープが付いて1,200円とコスパ抜群。ここのオムライスは、3口目においしさを感じるように配慮して作られているそう。マツコが2日に1度は行きたい!と言うのもわかる絶品オムライス。

アクセス: 小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5分
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131814/13014595/

マツコの家のオムライスに似てる!?横浜「グリル来来」

マツコが「うちのオムライスに似てる!」と絶賛したのは、横浜にある洋食屋「グリル来来」。ラーメン、チャーハン等の中華メニューもあり地元の人気店で、オムライスはリーズナブルな800円。オーナーは芝公園にある高級フレンチ「クレッセント」で修行したそうで、繊細なオムライスが楽しめる。

アクセス: 鶴見市場駅から徒歩10分
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140210/14045247/

変わった和風オムライスが人気!「らすぷーる」

こちらはちょっと珍しく和風のらすぷーる風オムライス 1,000円。ケチャップではなくソース味ベースで、かつお節やのりを添えて頂くので、お好み焼きの味付けと洋食のコラボレーションが楽しめる。

アクセス: 吉祥寺駅から徒歩2分
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13059141/

高円寺の創作オムライスはマツコも満足「七つ森」

こちらは一風変わった創作オムライスの「オムごはん」1,085円。牛肉やごぼう入りの甘辛いしぐれ煮の味付けがされたごはんにふんわり卵のコンビネーション。マツコさんいわく、オムライスではないけど新しい食べ物としておいしい!

アクセス: 新高円寺駅から徒歩4分
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13000675/

スポンサーリンク

1954年創業の老舗洋食店「麻布十番EDOYA」

ここのオムライスにはハムとマッシュルームが入っており、ふわふわの半熟卵が加わって、まさに絶品。たっぷりかけられたデミグラスソースを絡めて食べれば、まさに至福のひととき!

アクセス: 麻布十番駅から徒歩2分
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13001666/

真っ黒カレーとの相性が抜群!「キッチンABC 西池袋店」

オムカレー(750円)は黒いカレーのルーがたっぷりかけられており、ボリューム満点。オムライスは定番のケチャップではなく、ドライカレーなのでカレー好きにもおすすめ!

アクセス: 池袋駅から徒歩2分
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003917/

1973年創業!地元で愛されるお店「キッチンまつば」

オムライス(850円)は卵で丁寧に包まれた、なんとも美しいかたち。サラダと味噌汁がついてきて、この料金は嬉しい!卵はふんわりとトロトロ加減が絶妙で、ひき肉を使ったケチャップライスとの相性も抜群!

アクセス: 本郷三丁目駅から徒歩4分
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13061064/

オムライスの専門店!「フランキー&トリニティー」

オムライス専門店なので、いろいろとカスタマイズを楽しめる。卵は4種類から選び、ソースはトマトケチャップ、特製デミソース、カレー、チリトマトソース、和風あんかけからチョイス可能。オムライスはノセ型、ヒラキ型、マゼ型、ツツミ型から選べるので、自分好みのオムライスをオーダーできるのがうれしい。

アクセス: 中野坂上駅から徒歩2分
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13046008/

創業40年以上!歌舞伎座に近い洋食屋さん!「喫茶YOU」

1階と2階にフロアがあり、昭和なレトロな空間が広がる。ドリンク付きのランチセットのオムライスは1,100円。チキンライスの上にふわふわ、トロトロの濃厚なホイップクリームを使った卵がのせられており、とろけるような味わいがクセになる!ご飯大盛りとチーズトッピングは追加100円!ハンバーグトッピングは追加400円。

アクセス: 東銀座駅から徒歩2分
http://www.kissa-you.com/

昭和6年創業の洋食屋さん「たいめいけん」

言わずと知れた日本橋エリアの老舗洋食店。値段は全体的にやや高めだが、リピーターも多く、行列のできる人気店。スタンダードなオムライスは、ハムライスを卵で包んだもので1,700円。ご飯とオムレツに牛肉が入っている「タンポポビーフオムライス(2,650円)」は、食べ応えのある一品で、男性にもおすすめ。

アクセス: 日本橋駅から徒歩2分
https://www.taimeiken.co.jp/

お醤油味のオムライスが人気!「めぐろ三ツ星食堂」

お醤油味の一風変わったオムライスが人気。ふんわりとした卵、たっぷりの七味唐辛子とマヨネーズが決め手となり、パラパラとしたライスとの相性が抜群。たっぷり味わいたい人は、オムエビカレーがおすすめ。小ぶりの海老がたっぷり入っていて、トロッとしたルーと卵の相性がクセになる。カウンター席が多いので、一人でも気軽に利用できる。

アクセス: 目黒駅から徒歩4分
http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13013942/

創業40年以上!銀座で食べるならココ!「レストランあづま」

ケチャップとデミグラスソースがダブルでかかったオムライスが自慢。全体的にリーズナブル価格とボリューム満点で、コスパ抜群!

アクセス: 銀座駅から徒歩3分、有楽町駅から徒歩7分
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002548/

明治から親しまれる名店「煉瓦亭」

元祖オムライスはこのお店とも言われる、明治28年創業の老舗店。炒めご飯に溶き卵を混ぜて焼いているオムライスは、見た目がとてもユニーク。まわりはしっかりと焼かれているのに、中はふわふわ、その絶妙なバランスがたまらないおいしさ!とんかつやハヤシライスなども好評!

アクセス: 銀座駅から徒歩3分
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002430/

創業100年!ゆであずきとオム巻きが人気「デンキヤホール」

店内はクラシカルな雰囲気が漂い、昔懐かしい雰囲気が漂うお店。オムライス(750円)はチキンではなくポークが使われている。ステンレス皿にのせられたレトロな雰囲気はついつい長居したくなりそう!焼きそばと卵で巻いた「オム巻き」もおすすめ。麺は深蒸ししてあるので、モチモチとした食感を楽しめる!

アクセス: 浅草駅から徒歩10分
http://www.denkiya-hall.jp/

スポンサーリンク

今回は東京都内に限定して、マツコさんも絶賛したオムライス店をご紹介しました。オムライスは1,000円前後のリーズナブルな値段で気軽に楽しめるのも魅力の一つです。老舗の洋食店は、お店が狭かったり待ち時間が必至なこともあるので、事前にしっかりと調べていくことをおすすめします!
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ