日本国内にある世界遺産一覧!文化遺産や自然遺産に触れる観光旅行

2016年7月現在、日本には文化遺産16カ所、自然遺産4カ所と計20カ所の世界遺産があります。日本全国各地に点在しており、近年増加傾向に見られますので、旅行プランに世界遺産を加えてみるのも素敵な旅になると思います。

そこで今回は、日本の世界遺産をすべて紹介し、概要、アクセス、料金、所要時間などをそれぞれご案内していきます。

世界遺産は自由に見学できるところもあれば、その保護の観点から規制されていたり、一部を公開しているところもあります。また広域に及ぶ世界遺産も多く、一日では全て見切れないことも多いので、どこを見たいのか、何を知りたいのか、事前にしっかりとプランを立てておくことをおすすめします。

世界遺産が複数に及ぶ場合は、共通券やフリーパスなどをうまく活用しながら、賢く効率的に旅を楽しんでみるとよいでしょう。


スポンサーリンク

【自然遺産】

屋久島(鹿児島県)

亜熱帯地方に位置する屋久島は、樹齢7,200年といわれる縄文杉や白谷雲水峡など、その特有の気候から屋久杉や苔生した風景を見ることができる。日本の世界遺産の旅行スポットとして、一押しエリア。

http://yakukan.jp/

白神山地(青森県・秋田県)

手付かずの原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布されていることが評価され、世界遺産に登録された。

アクセス: 弘前駅から車で約40分(白神ビジターセンターまで)
個人料金: 無料なところもあるが、ガイドやツアーの場合は10,000円前後が相場。
所要時間: 半日~1日
http://www.shirakami-visitor.jp/

知床(北海道)

他に類を見ない多様な生態系を、海域と陸域に見ることができる。知床連山、知床五湖、湿原や滝などたくさんの自然美が残されている。

アクセス: 女満別空港から2時間15分
http://www.shiretoko.asia/

小笠原諸島(東京都)

東京から南に1,000キロ、太平洋に浮かぶまさに地上の楽園。かつて一度も陸続きになったことのない島で、亜熱帯気候の独自の生態系を見ることができる。透明度の高いビーチ、珍しい動植物、豊富なアクティビティなど見どころが満載。

アクセス: 東京港竹芝客船ターミナルからおがさわら丸にて、25時間30分
http://www.ogasawaramura.com/

スポンサーリンク

【文化遺産】

法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)

法隆寺周辺には世界最古の木造建築が数多く残されており、法隆寺の建造物47棟と法起寺の48棟が登録。これらの仏教建築は聖徳太子ゆかりの場所でもあり、中国の影響を受けている。

アクセス: 法隆寺駅からバス約10分、法隆寺門前下車すぐ。法隆寺駅から徒歩約20分
個人料金: 一般1,500円、小学生750円(西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通)
所要時間: 90分
http://www.horyuji.or.jp/

姫路城(兵庫県)

白い城壁が美しいことから「白鷺城」の異名を持つ。江戸時代初期に建てられた天守をはじめ、主要建築物が現存しており保存状態に優れている。日本100名城の一つ。

アクセス: 姫路駅から神姫バス、大手門前下車徒歩5分、JR姫路駅・山陽姫路駅から徒歩20分。
個人料金: 一般1,000円、小学生・中学生・高校生300円
所要時間: 120分
http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

古都京都の文化財(京都府)(滋賀県)

京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市の計17か所の寺社と城郭が登録されている。登録されているのは、賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)、教王護国寺(東寺)、清水寺、延暦寺、醍醐寺、仁和寺、平等院、宇治上神社、高山寺、西芳寺 (苔寺)、天龍寺、鹿苑寺 (金閣寺)、慈照寺 (銀閣寺)、龍安寺、西本願寺、二条城。日本の世界遺産の旅行スポットとしては人気が高いエリア。

白川郷・五箇山の合掌造り集落(石川県・富山県)

豪雪地帯ならではの合掌造りが評価され、白川集落、相倉集落、菅沼集落が登録されている。2015年に北陸新幹線が開通したことで、アクセスも便利に!

アクセス: 東海北陸自動車道白川郷ICから約15分(白川郷)、東海北陸自動車道五箇山ICから約20分(五箇山)
所要時間: 各3時間
http://shirakawa-go.org/(白川郷)
http://www.info-toyama.com/spot/41003/(五箇山)

原爆ドーム(広島県)

原爆が投下された悲惨さを後世に伝えるべく、当時のまま保存されている建物。「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、「負の世界遺産」とも呼ばれる。

アクセス: 広島駅から路面電車約20分、原爆ドーム前下車すぐ
個人料金: 無料(外からの見学となる)
所要時間: 20分
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/

厳島神社(広島県)

平安時代の寝殿造りの優美さと大鳥居が印象的な神社。平清盛によって造られ、「安芸の宮島」とも呼ばれ、日本三景の1つに数えられている。

アクセス: 広島駅から山陽本線で宮島口駅まで約25分、フェリーで約10分
個人料金: 一般500円、高校生300円、小中学生150円、(昇殿・宝物館共通料金)
所要時間: 60分
http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/

スポンサーリンク

古都奈良の文化財(奈良県)

奈良は710年から794年までの日本の首都として栄え、経済、政治、文化の中心であった。その繁栄を今に伝える8カ所が世界遺産に登録されている。東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡。

日光の社寺(栃木県)

日光は徳川幕府ゆかりの地であり、東照宮、二荒山神社、輪王寺が登録されている。国宝9棟、重要文化財94棟の計103棟と、これらの建築群を取り巻く文化的景観が登録されている。

アクセス: 日光宇都宮道路を日光ICから車で5分、東武日光駅から徒歩20分(東照宮)
個人料金: 一般・高校1,300円、小・中学生450円(東照宮)
所要時間: 120分
http://www.toshogu.jp/

琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)

琉球王国成立期に造られたお城(グスク)と琉球王国時代の経済、政治、文化の中心であった首里城跡など合計9カ所登録されている。登録されているのは、今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽。

紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山・三重県・奈良県)

紀伊山地は古くから自然信仰の対象とされ、1,000~2,000メートル級の山々が連なる山岳地帯である。和歌山県・奈良県・三重県にまたがる3つの霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を登録されている。

石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

石見銀山は戦国時代から江戸時代初期にかけて、日本最大の銀山であった。鉱山の町として栄えた文化的景観や文明の物証を知る上でも貴重なスポットである。

アクセス: 山陰自動車道宍道ICから約1時間
個人料金: 一般300円、小中高生150円(石見銀山世界遺産センター)
所要時間: 120分
http://ginzan.city.ohda.lg.jp/

スポンサーリンク

平泉 ―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―(岩手県)

平泉は11~12世紀において仏教思想に基づいて理想の世界を目指し、そのシンボルといえる中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山が世界遺産に登録されている。

アクセス: 一関駅から平泉駅までは約8分、平泉駅から各地へ。
個人料金: 一般800円、高校生500円、中学生300円、小学生200円(中尊寺)
所要時間: 60分(中尊寺)
http://hiraizumi.or.jp/heritage/

富士山 ―信仰の対象と芸術の源泉(静岡県・山梨県)

古くから信仰とされてきた富士山は、その優美な美しさと信仰が結びつき日本のシンボルとされてきた。登録されているのは、富士山域(山頂の信仰遺跡群、大宮・村山口登山道、須山口登山道、須走口登山道、吉田口登山道、北口本宮冨士浅間神社、西湖、精進湖、本栖湖)、富士山本宮浅間大社、山宮浅間神社、村山浅間神社、須山浅間神社、冨士浅間神社(須走浅間神社)、河口浅間神社、冨士御室浅間神社、御師住宅(旧外川家住宅)、御師住宅(小佐野家住宅)、山中湖、河口湖、忍野八海(出口池)、忍野八海(お釜池)、忍野八海(底抜池)、忍野八海(銚子池)、忍野八海(湧池)、忍野八海(濁池)、忍野八海(鏡池)、忍野八海(菖蒲池)、船津胎内樹型、吉田胎内樹型、人穴富士講遺跡、白糸ノ滝、三保松原。

富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

19世紀~20世紀にかけて高品質な生糸の大量生産を行い、技術革新と絹産業の国際的技術交流を象徴している遺産群。

アクセス: 上信越自動車道富岡ICから約10分、上州富岡駅から徒歩10分
個人料金: 一般1,000円、大高校生250円、小中学生150円
所要時間: 60分
http://www.tomioka-silk.jp/tomioka- silk-mill/

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(福岡県・佐賀県・長崎県・鹿児島県・熊本県・山口県・岩手県・静岡県)

幕末から明治時代にかけて、西洋から非西洋世界への技術移転が成功した産業遺産群から構成されている。構成資産は、萩反射炉,恵美須ヶ鼻造船所跡,大板山たたら製鉄遺跡,萩城下町,松下村塾,旧集成館,寺山炭窯跡,関吉の疎水溝,韮山反射炉,橋野鉄鉱山,三重津海軍所跡,小菅修船場跡,三菱長崎造船所第三船渠,三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン,三菱長崎造船所旧木型場,三菱長崎造船所占勝閣,高島炭坑,端島炭坑,旧グラバー住宅,三池炭鉱・三池港,三角西港,官営八幡製鐵所,遠賀川水源地ポンプ室。

国立西洋美術館 本館(東京都)

国立西洋美術館は、東京都台東区の上野公園内にあり、西洋の美術作品を専門とする。2016年7月17日、トルコのイスタンブールで開催されたユネスコ世界遺産委員会で「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産として、世界文化遺産に登録された。

アクセス: 上野駅から徒歩1分
個人料金: 常設展 一般430円、大学生130円、高校生以下・65歳以上は無料
所要時間: 約2時間
http://www.nmwa.go.jp/

スポンサーリンク

自然遺産に登録されている世界遺産は、空港や最寄りの駅から離れていたりと事前にしっかりと旅行の計画を立てる必要があります。特にフェリーや高速船を使う場合は、ツアーを利用するのか、個人旅行にするのか、料金や見たい場所などともにしっかりとプランニングをすることをおすすめします!
※かなり広域にわたるものは、一部割愛しています。
\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ