大分の日帰り温泉おすすめは?家族風呂と観光・グルメを楽しむ旅行

夢想園

おんせん県」として知られる大分県には、名湯と言われる別府温泉由布院温泉から、穴場な温泉地まで、実に様々な温泉があります。

今回は、大分の日帰り温泉のおすすめと一緒に楽しめる観光地・グルメをご紹介。家族風呂も利用できる日帰り温泉、立ち寄り湯を中心に、周辺にある観光スポット、グルメスポット、絶景スポットをピックアップしてみました。その魅力とともにご案内していきます。


スポンサーリンク

八面山の麓に広がる「金色温泉」

緑豊かな環境に位置する温泉地で、9つの露天風呂を楽しむことができる。その一つ、箭山(ややま)の大露天は、四季折々の風景を楽しめる自慢の露天風呂。その他にも、開放感抜群のうたた寝の湯、健康洞窟、打たせ湯などがある。日帰り温泉・立寄り湯もあり大人600円、貸切の家族風呂は、2,000円(平日60分・土日祝日45分)。

湯上り茶屋では、大分名物の「むぎとろ」「からあげ」「だご汁」など人気メニューが揃う。

アクセス: 中津駅からタクシーで約20分
http://www.kanairo.co.jp/index.html

アクセスのよさが魅力的!「別府八湯」

別府市内の8つの代表的温泉地の総称で、別府、鉄輪、観海寺、明礬、亀川、柴石、堀田、浜脇と呼ばれる温泉郷で構成されている。源泉数、湧出量共に日本一を誇る。中でももっともよく知られているのが別府温泉。別府駅を中心に温泉地が広がり、レンタカーがなくても満喫できるアクセスのよさが魅力的。共同温泉や日帰り入浴スポットも充実しており、湯めぐりを楽しむこともできる。

別府で人気のB級グルメ「別府冷麺」は、是非味わいたいグルメ。ツルツル・コキコキといった独特の食感の麺に、キムチの酸味が絶妙にマッチしており、一度食べたらヤミツキに!

アクセス: 別府駅すぐ(別府温泉)
http://www.beppu-navi.jp/onsen/

筑後川中流域にある「日田温泉」

古来から子宝温泉として知られており、単純泉で疲労回復などに効果があると言われている。現在7軒の温泉宿(2016年4月現在)があり、日帰り温泉にも入力できて、こぢんまりとした雰囲気もこの温泉地の魅力。

また200年以上の伝統を誇る屋形船と鵜飼いで有名な温泉地として知られている。風情溢れる景色を見ながら、屋形船の上でグルメを味わえば、よい思い出に!またおひな祭り、三隈川観光祭、夏の日田祇園祭、秋にも日田天領まつりなど通年を通してイベントも豊富。

アクセス: JR久大本線日田駅から徒歩15分、もしくはタクシー約5分
http://www.hita-onsen.com/

ラムネのようにシュワシュワと!「長湯温泉・大丸旅館外湯 ラムネ温泉館」

シュワシュワとしたラムネのような炭酸泉がその特徴で、心臓病、胃腸病、リウマチなどに効果があるといわれている。こちらも日帰り温泉、家族風呂の利用ができる。飲泉も可能で、胃腸の働きを活発にしてくれ、胃腸病・肝臓病・便秘に効果が期待できるといわれている。

飲泉を持って帰りたいという声も応えて、「長湯温泉水マグナ「MgNa」」も販売されており、お土産に最適。

アクセス: 大分市内から県道412号経由で約60分
http://www.lamune-onsen.co.jp/

スポンサーリンク

のんびりと過ごしたいならここ!「湯坪温泉」

九重連山に囲まれた自然豊かな温泉地。民宿がメインとなり現在では約20軒の民宿があり、「湯坪民宿村」と言われている。地元野菜や山菜などの料理を味わいながら、リーズナブルな宿泊料金は魅力の一つ。

アクセス: 九重ICから車で30分
http://www.kokonoe-k.com/spring03/

全国的に有名な「湯布院」

湯布院という町名と由布院という駅名では、漢字は異なるものの同じ場所に位置している。全国的に有名な温泉地で、日帰り入浴、家族風呂の利用も含めて多くの人が訪れる名湯が揃っている。温泉街から一望できる絶景といえば標高1,582メートルの、別名「豊後富士」とよばれる由布岳。まさにこのエリアのシンボルとして親しまれている。

温泉街にはたくさんの日帰り温泉施設があるが、中でもおすすめは眺望大露天風呂が自慢の「山のホテル夢想園」。男性専用風呂は茅葺き屋根の建物が印象的で、その広さは約100畳に及ぶ。女性専用風呂は約150畳以上の広さがあり、いずれのお風呂からも雄大な由布院の自然を一望できる。

アクセス: 湯布院駅からすぐ
http://www.yufuin.gr.jp/index.html

1000年以上の歴史がある!「筋湯温泉」

開湯は958年、温泉地として誕生したのは1658年と、非常に奥深い歴史がある温泉地。日本一のうたせ湯が自慢で、約2メートルの高さから落ちる18本のうたせ湯を楽しむことができる。日帰り温泉・立ち寄り湯の利用料は300円。

また地元の人に愛されるコスパ抜群のグルメに、国道210号線沿いにある「ドライブイン はねやま」がある。もつ鍋ちゃんぽん(辛口)が人気で、一つ900円。その他にもホルモン定食、野菜定食、焼きうどん定食があり、1,000円以下で楽しめる!

アクセス: JR久保線・豊後中村駅からバス30分
http://www.sujiyu-onsen.com/

心と体を休める至福の時間!「満天望温泉」

「久住高原コテージ」に湧く温泉で、阿蘇くじゅう国立公園の大自然とともに、非日常をどっぷり楽しむことができる。自慢の露天風呂からは、昼間の緑豊かな眺めはもちろん、夜の満点の星空は息を呑む美しさ。レストラン四季彩で楽しめるランチの久住高原定食(1,500円)は、は大分名物エノハ、団子汁が付いた人気メニュー。唐揚げ、豚角煮、自家製サーモンサラダ、温泉卵、団子汁、地鶏飯もついてきてこのお値段は、コスパ抜群。

周辺には初心者から上級者まで楽しめる「久住高原ゴルフ倶楽部」、体験型の牧場施設「ガンジーファーム」、約500種類、300万本もの花々を楽しめる「くじゅう花公園」などがある。

アクセス: JR豊後竹田駅から車で30分
http://www.kujukogen.com/

天ヶ瀬温泉の奥座敷といわれる「湯ノ釣温泉」

玖珠川の渓谷沿いに位置しており、新緑や紅葉など通年を通して自然豊かな景色を楽しむことができる。この温泉地の中でももっとも有名なのが旅館渓仙閣。露天風呂からの景色がとにかく絶景と評判。雨でも雪でもどこか風情ある光景を一望できる。

周囲には自然豊かな環境ならではの観光スポットが多く、天ケ瀬駅から徒歩10分にある桜滝は見どころの一つ。まるで簾のような美しい滝を一望できる。

アクセス: 天ケ瀬駅から車で5分
http://www.okaeriamagase.com/

国東半島に佇む「くにさき六郷温泉真玉 スパランド真玉」

毎分400リットルのミネラルが豊富な温泉地が自慢。炭酸水素塩泉で、神経痛や関節痛などに効果があるといわれている。宿泊者のみが利用できる「太郎天の湯」には、石を基調とした浴室と木を基調とした浴室がある。料理は国東半島と周防灘の新鮮な海の幸と山の幸にこだわり、多彩なメニューが充実。周辺には、夏季限定でプールとカヌーを楽しめる「豊後高田市真玉B&G海洋センター」や、古代ロマンと雄大な自然を満喫できる「猪群山とストーンサークル」、リーズナブルな値段が魅力の「まごころ市場」などがある。

アクセス: 宇佐駅からバスで30分
http://www.spaland.jp/index.html

スポンサーリンク

今回ご紹介した温泉地は、温泉街の宿に日帰り温泉が利用できるところも多く、ぶらっと気軽に立ち寄る事ができます。家族風呂があるところも多いので、カップルや家族で楽しめる事も魅力です。メジャーな温泉地であればバスなども充実していますが、穴場なスポットはレンタカーがあった方が観光にスムーズといえるでしょう。

大分県のその他の温泉記事もご覧ください。

\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ