今年の冬は雪見温泉を楽しむ!関東で雪と温泉を満喫できる温泉宿

万座

冬の温泉の醍醐味といえば、冷えた身体を温めてくれることはもちろん、雪見露天風呂を楽しめることもその魅力の一つといえます。そこで今回は関東で雪と温泉を両方満喫できる温泉宿をまとめてみました。定番のスポットから穴場な温泉地まで幅広くご紹介していきます。

関東で雪見温泉を楽しめる温泉地は、標高の高い場所であったり、気温が低いところに多く点在しており、北関東エリアに比較的多く集中しています。名湯といわれる温泉地で雪見温泉を楽しめるスポットも多いので、何度か足を運んだことのある温泉地でも雪見風呂を楽しんでみれば、また一つ格別な思い出も増えることでしょう。また北関東エリアにはスキー場なども多いので、スキー旅行にも活用してみることもおすすめです。


草津ナウリゾートホテル(群馬県)

標高1,200メートルの高さにあるホテルで、露天風呂は夜はライトアップされ幻想的な雰囲気に!春から秋はさわやかな高原の自然を満喫でき、冬は雪見風呂が人気!

アクセス:関越自動車道渋川伊香保ICから約80分、長野原草津口駅下車路線バス30分
予約はこちらから

奥那須温泉・北温泉(栃木県)

映画・テルマエロマエのロケ地に選ばれた秘湯を思わせる佇まいのある宿。有名な「天狗の湯」には、畳6帖ほどの大岩が天狗の投げ石として現存している。

アクセス:東北自動車道那須ICから車で約30分
http://www.kitaonsen.com/mokuj.htm

宝川温泉 汪泉閣(群馬県)

最大200畳もある広大な大露天風呂は、天下一の露天とも称される。冬は一面に広がる銀世界の中でゆったりと温泉に浸かれば、まさに至福のひととき!

アクセス:関越自動車道水上ICから車で約40分
予約はこちらから

奥鬼怒温泉ホテル加仁湯(栃木県)

泉質の異なる5本の源泉を持ち、乳白色のお湯がその特徴。美人の湯とも言われ41もの効能がある。雪見風呂を楽しみながら、肌もツルツルすべすべに!

アクセス:東北自動車道宇都宮ICから車で約2時間
予約はこちらから

湯西川温泉 彩り湯かしき 花と華(栃木県)

10種類の湯舟で湯めぐりを楽しむことができ、冬は露天風呂から見える渓谷の雪景色との体感を味わうことができる。囲炉裏を囲んで味わう「平家お狩場焼」や、手造り寒仕込み天然醸造の「平家山盛味噌」など伝統的な料理も好評!

アクセス:湯西川温泉駅から車で約15分、日光宇都宮有料道路今市から約50分
予約はこちらから

水上高原ホテル200(群馬県)

200万坪の敷地を誇り、すぐ近くにはスキー場もある。越後の山を一望できる「眺望の湯」と、白樺に囲まれ森林浴も楽しめる「白樺の湯」があり、白樺の湯は特に雪見露天風呂で有名。

アクセス:関越自動車道水上ICから車で約30分、水上駅から車で約30分
予約はこちらから

万座温泉日進舘(群馬県)

標高1,800メートルの天空に近い温泉。展望露天風呂「極楽湯」は満天の星空も雪見風呂もダブルで満喫できる!関東で美しい雪見温泉を楽しみたい人に特におすすめ!

アクセス:上信越自動車道礁氷軽井沢ICから車で約90分
予約はこちらから

奥日光小西温泉(栃木県)

源泉掛け流しの乳白色の硫黄泉がその特徴で、貸切露天風呂は最大で7名まで利用可能!全室35㎡のジュニアスイートルームで、ゆったり利用できることも魅力的!

アクセス:日光宇都宮道路清滝ICから車で約40分
http://www.okunikko.co.jp/index.shtml

関東で雪と温泉を楽しめる温泉宿は、比較的山深いところに多いので車でのアクセスの場合はチェーンが必要となることもあります。また冬のシーズンは交通規制がされているところもあるので、公共交通機関でのアクセスを検討してみることもおすすめです。
この記事が気に入ったらシェア