根津神社祭礼

六代将軍家宣は幕制で根津神社の祭礼を定め、正徳4年、江戸全町より山車を出し、俗に天下祭と呼ばれる壮大な祭礼を執行した。神社大神輿3基は、この続きを読む

人形供養

清水観音堂の人形供養は、元来は脇侍の子育観音に子宝、安産や子育てを祈願した人々が、その心願成就のお礼として、子供の身代わりに人形を奉納し供養続きを読む

西仲天祖神社祭礼

西仲天祖神社の祭礼は毎年9月の第1土日曜日で日曜日には台座2尺6(77)、儀宝珠を載せた唐破風軒屋根 胴羽目木彫 勾欄造りで浅草・宮本重義が続きを読む

野毛六所神社祭礼

浮き沈みながら流れて来た小宮を洪水の中から命がけで引き上げ高台に安置してから玉川の洪水は以後ぴたりと治まったという謂われのある野毛六所神社、続きを読む

荻窪八幡神社祭礼

荻窪八幡神社は、第59代・宇多天皇の寛平年間(約千百年前)に創祀されたものと伝えられる古い歴史を持つ神社だが、2009年は3年に1度の本祭が続きを読む

奥澤神社大祭

東急目黒線奥沢駅のすぐ近所にある奥沢神社は室町時代の創建と言われる古い神社だが、そのお祭りに300年の歴史を持つ「厄除け大蛇のお練り」という続きを読む

小沢の式三番

都と文化庁の無形文化財、古式能「小沢の式三番」が、伊勢清峯神社の祭礼に奉納される。地区の若者たちによって、古式ゆたかに伝承されているもので、続きを読む

高輪神社例大祭

高輪神社の主祭神・宇迦御魂神は古来食物を司る神として尊ばれ、9月の天候が稲作その他の作物に影響するところが大きいので、とくに祭礼を行って無事豊穣続きを読む

榊祭り

日吉神社の例大祭はその日の未明、榊神輿を担いで宮神輿の巡行路を清めるので「榊まつり」或いは「暁の祭り」と呼ばれている。明和年間(1751~7続きを読む

世田谷八幡宮祭礼

もとは宮坂八幡宮といい、源義家が後三年の役の帰途、この地に宇佐八幡宮を勧請、士卒に奉祝相撲をとらせたという。また永禄元年(1558)岩戸(現続きを読む

下連雀八幡大神社祭礼

鳳凰の目がダイヤモンドでギネスブックに載ったという神輿を持つ下連雀八幡大神社の祭礼、一之宮神輿と二之宮神輿はそれぞれ町内を巡行した後、午後2続きを読む

新川天神社祭礼

平安時代、京都に天変地変が起こり悪疫が流行したのを、大宰府で非業の最期を遂げた菅原道真の霊の祟りと考え北野天満宮に祀りその霊を慰めたのが祭祀続きを読む

白萩まつり

大悲願寺は9月中旬から10月上旬に白い花を咲かせる「白萩」の名所として有名だ。仙台藩主伊達正宗が鮎漁に来てこの寺を訪れた際、境内に見事に咲い続きを読む

城山熊野神社例大祭

中世に作られた志村城の面影を残す城山公園の一郭に佇む板橋城山熊野神社は、その創建が平安時代に遡るという古い歴史を持つ。3年に1度、本祭りが催続きを読む

生姜祭り

二宮神社の例大祭には、露店が並ぶ女坂(裏参道)に葉つき生姜の束を山積みにしたショウガ市が立つところから別名生姜祭りと呼ばれる。東京では芝大神続きを読む

正一位岩走神社祭礼

五日市の東にある伊奈地区の岩走神社秋祭りは五日市街道の両側数百メートルにわたり万灯が立ち並び、旧増戸村のほぼ全地区をあげての盛大なものだ。宵続きを読む

染井稲荷神社例大祭

染井吉野桜発祥の地として知られる旧染井村の鎮守染井稲荷神社の本祭は4年に1度(2008)で、15日前後の土曜日は午前中に例大祭式典が行われて続きを読む

高木の獅子舞

境内に獅子舞の銅像を持つ高木神社の秋の例祭に、江戸時代から伝わる東大和市唯一の3匹の獅子舞が奉納される。その昔、悪病が流行りその退散を祈願し続きを読む