【混浴特集】関西のおすすめ混浴露天風呂!家族・カップルで楽しめる

関西には京都・大阪・神戸などの観光地もあれば、少し郊外に足を運べば名湯や昔ながらの温泉地が多数点在しています。今回は、カップルで楽しめる関西の混浴温泉スポットをまとめてみました。

混浴の魅力はありのままの自然を活かした入浴場となっており、自然との一体感を感じることができて、お風呂でカップル同士仲良く一緒に過ごすことができます。アクセスはやや不便なことも多いですが、その分秘湯感もたっぷりで忘れられない旅の思い出となることでしょう。

また料金も安いところが多く、お財布に優しいことも魅力の一つです。


スポンサーリンク

夕暮れ時の景色は圧巻!琴引浜露天風呂(京都府)

海が目の前に広がる秘湯感たっぷりの混浴施設。脱衣場もなくこれぞ自然の混浴スポットといった雰囲気で、琴引浜の美しい景色を一望しながら温泉につかることができる。特に夕暮れ時の景色は圧巻そのもの!脱衣所はないが無料で利用できる!

アクセス:網野駅下車後タクシーで約20分
http://kotohikihama.info/

600万年の太古の名湯 有馬温泉 陶泉 御所坊(兵庫県)

仕切りのある珍しい半混浴式の大浴場があり、600万年の太古の名湯を満喫できる。日帰り入浴も可能で、料金は1,500円。

アクセス:有馬温泉駅から徒歩5分、中国自動車道西宮北ICから約5分

1,000人入れる巨大な温泉!川湯温泉の仙人風呂(和歌山県)

大塔川をせきとめたできた自然との一体感を感じられる大露天風呂。大きさは幅40メートル、奥行き15メートル、深さ60センチとその名のごとく1,000人入れる巨大な温泉。入浴料は無料だが、毎年12月~2月の冬季限定。6時半~22時まで営業しており、男女別の簡易脱衣所も完備。

アクセス:阪和道みなべICから約2時間
http://www.hongu.jp/event/senninburo

幻想的な混浴スペース リフレッシュパークゆむら(兵庫県)

湯村温泉の源泉を利用した5種類の露天風呂があり、幻想的な混浴スペースが設けられている。室内温泉プール、ティーラウンジ、芝生広場などがあり一日遊べることも魅力的!

アクセス:JR山陰本線浜坂駅からバスで25分
http://www.refresh.co.jp/

スポンサーリンク

日高川を一望できる混浴露天風呂 龍神温泉 下御殿(和歌山県)

日高川を一望できる混浴露天風呂で、四季の移ろいを満喫できる。夜は周辺の木々がライトアップされるので幻想的な風景を楽しめ、日帰り入浴も可能!

アクセス:紀伊田辺駅からバスで約1時間半

水着で混浴可能!スパワールド世界の大温泉(大阪府)

まるで世界を旅しているような気分で、古代ローマ風呂、青の洞窟、日本渓流露天風呂など個性的な温泉を満喫できる。ヨーロッパゾーンとアジアゾーンは男女別だが、スパプー&バーデゾーンは水着で混浴可能なのでカップルのデートにも最適!

アクセス:JR環状線新今宮駅より徒歩ですぐ

目の前に海の絶景が広がる 白浜温泉 浜千鳥の湯海舟(和歌山県)

源泉掛け流しを利用した混浴露天風呂があり、目の前に海が広がる絶好のロケーションに位置している。特に朝や夕刻の風景は格別に美しい!

アクセス:南紀白浜空港から車で約10分

世界遺産に登録された温泉!湯の峰温泉公衆浴場・つぼ湯(和歌山県)

世界遺産に登録された温泉地で公衆浴場にはくすり湯や貸切湯などがあり、つぼ湯のみ混浴可能。つぼ湯は2~3人は入ればいっぱいになってしまうほど小規模で、30分の交代制。時間帯によって色が変わることから「七色の湯」とも呼ばれる。つぼ湯は大人770円、12歳未満460円。

アクセス:JR紀勢本線新宮駅より熊野交通バス湯の峰温泉行きで約75分
http://www.hongu.jp/onsen/yunomine/tuboyu/

スポンサーリンク

今回ご紹介した関西の混浴スポットは期間限定であったり、天候によっては営業中止となる場合があります。最新の情報をよく確認してからアクセスすると安心できることでしょう。

その他の関西の温泉記事もよろしければご覧ください。



\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ