【2017年 福岡】見頃はもう間近!お花見のおすすめスポット情報

西公園

福岡の桜の名所は博多周辺だけではなく郊外にも多く点在しています。今回は、中でもおすすめのスポットを7つピックアップしてみました。公園や神社などを舞台に、春を感じられるスポットをその魅力とともにご紹介していきます。


スポンサーリンク

小倉城と桜を楽しめる「勝山公園」

園内には約300本の桜が咲き乱れ、小倉城天守閣前広場では桜まつりが開催される。ふるさとうまい物市やステージイベントなどが行われ、毎年多くの人で賑わう。また期間中はライトアップイベントも行われ、夜桜も楽しめる。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 小倉駅から徒歩15分
http://maps.kosodate-fureai.jp/mapdata/862.php

「日本さくら名所100選」に選定された「西公園」

「日本さくら名所100選」に選ばれている福岡県の随一の桜の名所。園内にはソメイヨシノ、ヤマザクラなど約1300本の桜が咲き乱れる。展望広場からは博多湾、能古島、志賀島などを一望することができる。期間中は、園内の車両通行は禁止となる。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 大濠公園駅から徒歩15分
http://www.ohorikouen.jp/

約1,000本の桜が咲き誇る「舞鶴公園」

オオシマザクラ、サトザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノなど、約1,000本の桜が咲き誇る。期間中は福岡城さくらまつりが開催され、ガイドツアーやさくらグルメ屋台なども多数出店される。夜桜のライトアップも行われ、お堀に浮かび上がる幻想的な光景を楽しむことができる。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 赤坂駅から徒歩5分
http://www.midorimachi.jp/park/detail.php?code=302001

久留米市の「浅井の一本桜」

幹周り4.3メートル、高さ18メートルのヤマザクラで樹齢約100年と伝えられる。地元の人たちによって大切に守られており、豪快な桜を一望することができる。日にち限定で、ライトアップも行われ、夜空に輝く桜はとても感動的。

例年の見頃: 4月上旬
アクセス: 久留米駅からバスで「中泉」下車後、徒歩約20分
http://www.kurume-hotomeki.jp/event/?mode=detail&isSpot=1&id=402036000083

スポンサーリンク

福津市の「宮地嶽神社」

楼門のすぐそばには、樹齢100年とも伝えられる大きな二本のカンヒザクラが出迎えてくれる。その他ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど、約2,000本もの桜が境内を美しく染め上げる。また本殿の右に一本桜があり、境内でもっとも早く咲くので「開運桜」とも呼ばれ、運気アップも期待できそう。

例年の見頃: 4月上旬
アクセス: 福間駅からバス、宮地嶽神社前下車後徒歩5分
http://www.miyajidake.or.jp/

柳川市の「三柱神社」

初代柳川藩主である立花宗茂公、その妻の千代姫、その父戸次道雪公の三神をお祀りしていることに由来している。境内の面積は約62,000平米にも及び、約500本のソメイヨシノが咲き誇る。神社地の高畑公園では、桜まつりも開催され夜桜を楽しむこともできる。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 柳川駅から徒歩5分
http://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/kyoiku/rekishibunka/rekishi/mihashira.html

標高112メートルの「大将陣公園」

標高112メートルの高台にあり、飯塚市を一望できる公園。園内にはおよそ2,500本のソメイヨシノが植えられており、毎年大将陣桜まつりが開催されたくさんの人で賑わいを見せる。その他にもローラーすべり台や天文台スタードームなど見どころも多く、子どもから大人まで楽しめる。

例年の見頃: 3月下旬~4月上旬
アクセス: 筑豊本線天道駅から徒歩20分
http://www.kankou-iizuka.jp/homepage/?id=330

福岡のお花見スポットは、公園や神社が多いことから駐車場などが完備されていることが多いことも魅力的です。ただしさくら祭り開催期間中は混雑が予想されるため、なるべく公共交通機関の利用がおすすめといえるでしょう。

その他の、福岡の関連記事もご覧ください。



\ おともだちにシェアお願いします /

こちらの記事もどうぞ